キャンプ講座

キャンプ初心者におすすめ。テーブルはローテーブルと焚き火テーブルが最高

快適な食卓はローテブルと焚き火テーブルで

かずっちゃ(@kazutcha01)です。公務員辞めてフリーランス兼複業家として、毎日がんばっています。

この記事でわかること
  • 使うテーブルは2種類ある
  • キャンプ初心者が買うべきテーブル

キャンプに持っていくテーブルはどんなものがいいんだろう? せっかくキャンプに行くなら快適なモノが良いんだけど・・・

こんな悩みを持っているあなた。ユニフレームのローテーブルと焚き火テーブルを使えば快適・安心なキャンプの食卓ができます。

ぼくも、しばらくは普通のテーブルを使っていたんですけど、テーブルは揺れるは鍋やダッチオーブンが遠いやら、何かと小ぜわしいのが嫌だったんですよ。

それを解消したテーブルがユニフレームのローテーブルと焚き火テーブルです。

この記事では、ユニフレームのローテーブルと焚き火テーブルのメリット・デメリットについてできるだけ詳しく解説しています。

ユニフレーム UFローテーブル 900 680667 

ユニフレーム UNIFLAME 焚き火テーブル 682104 

キャンプに持って行くべきテーブルはユニフレームのローテーブル・焚き火テーブルの2種類

揺れにくいテーブルと耐熱テーブル

ちょっとぶつかったり、多くのモノを置いてもビクともしない頑丈なテーブルと、鍋やダッチオーブンを置いても熱で溶けたりしない耐熱用テーブル。

あなたがキャンプで使うべきテーブルは、この2種類です。

そして、テーブルはローテーブルにしよう。

ぼくは、キャンプへ行くならローチェアを使うべきと考えています。転落などで起こる子供のケガ防止と、長時間座っていても大丈夫な質の良さがあるからです。

そんな理由からローチェアに合わせてローテーブルをおすすめします。

そんな耐衝撃・耐熱ローテーブルのおすすめは、UNIFLAME(ユニフレーム)のUFローテーブルと焚き火テーブルです。

あわせて読みたい
子供が一緒のキャンプ初心者でも安心して使える厳選ローチェア2選 キャンプで子供が怪我をする大きな理由の1つにイスから落ちる、という原因があります。この原因を取り除いてくれるのがローチェアです。ローチェアなら、座高も30cmほどなんで子供も安心して立ち上がれます。しかも座り心地がバツグン。この記事では、子連れキャンプ歴9年のぼくが厳選したローチェアを2種類紹介しています。...

ユニフレームのローテーブル・焚き火テーブルがなぜおすすめなの?

なぜローテーブルが必要

なぜ、ユニフレームのローテーブル・焚き火テーブルがおすすめなの?

簡単に揺れたりズレたりせず、モノを倒さない。鍋やダッチオーブンをテーブルの近くに置いて食事を効率化したい。この2点です。

ユニフレームのローテーブル・焚き火テーブルは、この点を軽くクリアしたテーブル。しかもユニフレームの製品はモノが良い。

ここからは、なぜ丈夫なローテーブル、焚き火テーブルが必要なのかを解説します。

テーブルに当たったぐらいで皿やコップを倒したくない

テーブルの足が弱いと困ること。

それはせっかく作った料理や飲み物が、ちょっと当たっただけでグラグラ揺れて、料理がこぼれたりコップが倒れてしまうことです。

子供がはしゃいでいるときにガンとぶつかったり、夜などの暗いときにうっかりぶつけたりするのはよくあります。

気をつけていてもよくあること。だから、衝撃に耐えることができるしっかりとしたローテーブルが必要なんです。

鍋やダッチオーブンを近くに置きたい

熱に耐えれるテーブルがなんで必要なのか?

ご飯を食べるときに、近くに鍋やダッチオーブンがあった方が食事の効率が上がります。

例えば、焼きカレーを料理で食べているとき、鍋やダッチオーブンが席から離れていると、何回も往復しないといけないです。

これが、テーブルに鍋があるとその場でカレーをつぐことができる。

いちいち往復する手間を完全に無くしてくれる。これが焚き火テーブルが必要な理由です。

もう1つ。鍋がダッチオーブンが近くにあると、匂いが食欲をそそるからです。

ラーメン店や焼肉でもそうですけど、料理の匂いをかぐと食欲ってそそりますね。それと同じです。

そもそも、熱い鍋やダッチオーブンを普通のテーブルに置いちゃうと溶けますよね。そんなアホなマネはしないですよね。

ローチェアに合わせてローテーブル

先ほども言いましたが、ぼくはローチェア推しです。

ローチェアに合わせてテーブルもローテーブルにしよう。

ローテーブルだと、座高が低い分ぶつかっても揺れにくいです。脚がしっかりしていて座高が低い。完璧です。

ユニフレームのローテーブル・焚き火テーブルはそんな条件をしっかりとクリアしています。

ローテーブル・焚き火テーブルのデメリット

デメリット

どんないいモノであっても、デメリットもあります。

ローテーブルは重くはないんですけど、閉めたりするときにとても固いんですよ。

しかも脚・天板どっちも開閉するのに力が必要。

男のぼくでも固いって感じるんで、女性がたたもうとするにはかなりの力がいります。

焚き火テーブルは、設置の方法がいまいちピンとこないんです。

焚き火テーブルの設置方法

天板の下に脚が収納されてるんですけど、フックを外してからじゃないと取り外せない。しかも脚を開いて固定するのもそのフックを使うんです。

これ、ホントわかりにくい。

わかりにくいんで、写真に設置方法を乗せたんで参考にしてください。

焚き火テーブルの設置(1) 焚き火テーブルの設置(2) 焚き火テーブル(完成)

 

ユニフレームのローテーブル・焚き火テーブルを買おう

多くのローテーブルがあるんですけど、やっぱりおすすめはユニフレームのローテーブル、焚き火テーブルです。

UNIFLAME(ユニフレーム)ローテーブル

ローテーブル

ローテーブルは、天板は木製、脚は昔ながらのちゃぶ台のような造りになっています。

かなり頑丈なんで、ちょっとぶつかったぐらいでは動じません。

注意点として、天板と脚の開閉がとても力がいります。

UNIFLAME(ユニフレーム)焚き火テーブル

焚き火テーブル

ユニフレームの焚き火テーブル。天板がステンレス製で耐熱性も抜群。ローテーブルとも高さがあっているんで、天板で変な段差もありません。

欠点は、脚の組み立て方がややこしいこと。それだけです。

ダッチオーブンや熱い鍋を置いても全く問題なし。

ただし、子供からは遠い場所に設置してくださいね。万が一ぶつかると大惨事になるんで・・・

まとめ

あなたにおすすめするキャンプで使うべきテーブルは、UNIFLAME(ユニフレーム)のローテーブルと焚き火テーブルです。

ローチェアと組み合わせると、とんでもなく快適な空間が誕生します。

快適すぎて正直動きたくなくなりますね。

キャンプという非日常で快適な空間を創り出す。こんなぜいたくはないですよ。

良い空間を創って楽しいキャンプを過ごしましょう。

この記事でわかったこと
  • ローチェアのススメ
  • キャンプ歴9年が厳選する2種類のローチェア

キャンプについて、テントやタープなど初心者がそろえるべき用具については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

キャンプのことをもっと詳しく知りたい、テントや他にそろえる道具のことをもっと知りたい!! と思ったら、のぞいてみてください。

きっとあなたのキャンプライフの役に立ちます。

あわせて読みたい
キャンプ即デビューに揃えるもの
これだけ揃えれば即キャンプデビュー。初心者向けスタートパック13選これから初めてキャンプを始めたい、でも、どんなキャンプ用品・道具を選べば良いのかよくわからない。そんなキャンプ未経験者・初心者のために、この記事では、これだけ揃えれば即キャンプに行け、しかも快適なキャンプが遅れると確信している用具を厳選して紹介しています。...