MetaMask NFTの始め方 仮想通貨

【初心者対応】Coincheck(コインチェック)からMetaMaskに仮想通貨を送金する方法

2022年6月8日

・MetaMaskへ送金する方法がよく分からない・・
・コインチェックからMetaMaskに送金できるかな?

仮想通貨の送金は、日本でおなじみの銀行振込とは違うからよく分からないし怖いですね。

ぼくは、Coincheck(コインチェック)で仮想通貨を初めて送金するとき、「こうやれ」って書いてあるのに怖くて20分くらい悩んで手が進みませんでした。

でも、1回覚えちゃえば、気をつけるポイントだけ押さえておくだけで、流れ作業みたいに送金できるようになります。

オロチ
本当に?
20分悩んでたのがウソのようだよ
かずっちゃ

送金する先がMetaMaskでも、他のウォレットでも送金する流れは同じです。

この記事では、Coincheck(コインチェック)からMetaMask(メタマスク)に仮想通貨を送金する方法を、画像を交えて解説していきます。

【送金するとき気をつける点】

・イーサリアム(ETH)は0.00000001ETH以上の送金量が必要
・手数料が0.005ETHかかる

送金するときにはどうしても手数料がかかるんで、はじめに紹介します。

この記事は、MetaMaskに送金する手順(Section4)を解説しています。

もし、まだ1〜3を済ませてない場合は、Section1から順に読み進めてくださいね。

Section1 仮想通貨の口座を開く
Section2 MetaMaskでウォレットを作る
Section3 OpenSeaに登録(=MetaMaskとひも付け)する
Section4 MetaMaskにイーサリアムを送金する
Section5 OpenSeaでNFTを買う

Coincheck(コインチェック)からMetaMaskへの送金はMaxで3Step

CoincheckからMetaMaskへの送金は最大3Stepです
かずっちゃ

MetaMaskへ送金するための方法は次のとおり、Maxで3Step。

1.Coincheckへ円を入金する
2.Coincheckでイーサリアムを買う
3.CoincheckからMetaMaskに送金する

オロチ
Maxで?どういうこと??

すでにCoincheckでイーサリアム(ETH)を持ってるなら、Step1と2は省略できるからです。

イチからスタートする場合に3Stepかかるから、Maxって言い方をしてます。

もうイーサリアムを持ってるなら、Step3へ進んでくださいね
かずっちゃ

改めて、どのStepから始めたらいいかをまとめると、

① Coincheckでまだイーサリアムを持ってない→Step1から
② もうCoincheckでイーサリアムを持ってる→Step3から

それでは、Step1から解説していきますね。

Step1 Coincheck(コインチェック)に円を入金する

まずは、Coincheckにイーサリアムを買うためのお金(円)を入金します。

画面左メニューの「日本円の入金」を選びましょう。

Coincheckに銀行振込で円を入金する

入金は「銀行振込」を選ぼう。

「銀行振込」がいちばん手数料がかからない方法です。

コンビニとクイック入金は手数料が770円と割高なんだ
かずっちゃ

もうちょっと詳しく入金のことが知りたいと思ったら、こちらの記事で解説しているので、参考にしてください。

>>コインチェックでいちばん損しない入金の方法は?

日本円の入金画面

振込先の銀行を選びましょう。

銀行はどっちでもOKです
かずっちゃ
振り込むCoincheckの口座を

振込の反映は、Coincheck側で入金のチェックができたら反映されます。(約15分)

Step2 Coincheck(コインチェック)でイーサリアムを買う

オロチ
Step2は実際にイーサリアムを買う方法だね

トップ画面の「販売所(購入)」を選びましょう。

イーサリアムを買おう

画面上の通貨の中からイーサリアム(ETH)を選ぼう。

選択はクリックでOK。

イーサリアムを選択しよう

イーサリアム(ETH)の数量を決めよう。

イーサリアムを買う数量を決めよう

「数量」→買うイーサリアムの数量
「交換する通貨」→「JPY」でOK
「レート」→そのままでOK

イーサリアムを買う数量が決まったら、「購入する」をクリックで完了です。

決まったら「購入」をクリック
これで、MetaMaskに送金する準備は完了です
かずっちゃ

Step3 Coincheck(コインチェック)からMetaMaskに送金する

ここからは、MetaMaskに送金する方法を解説します。

送金が初めてだと不安になって、手が進まなくなるのがここです。

もちろんぼくも不安でした。でも、なんとか送金できました。

不安を解消できるように、できるだけわかりやすく説明していきますね。

「暗号資産の送金」を選びます。

「暗号資産の送金」を選ぼう
仮想通貨は「暗号資産」とも呼ばれます
かずっちゃ

ここからは、送金するために必要な項目を入力していきます。

送金画面目メニュー

送金する通貨をクリックすると、一覧が出てきます。

イーサリアムを選択
イーサリアムを選択しよう

「送金する通貨」→Ethereum(イーサリアム)を選択

オロチ
これで通貨をイーサリアムに変更できたよ

送金する宛先にMetaMaskアドレスを登録する

ここがいちばんのポイントです
かずっちゃ

ここからは、イーサリアムの送金先をあなたのMetaMaskにするための設定をしていきます。

・送金先を間違えると、送ったイーサリアムは戻ってこないので落ち着いて進めましょう

とは言っても、送金先を決めるMetaMaskのアドレスはコピーできるんで、入力ミスはまずないです。

落ち着いて進めていけば大丈夫ですよ。

宛先の右上にある「宛先を追加/編集」をクリックします。

宛先の設定を始めよう

宛先リストが表示されるので、「新規追加」をクリック。

画像には宛先が登録されてますが、初めてだとなにもありませんが気にしなくてOKです。

宛先の新規追加を始めましょう。

宛先の設定を始めよう

「通貨」→そのままでOK
「ラベル」→『MetaMask』など、送り先が分かる名前を入力
宛先」→MetaMaskのウォレットアドレスを入力

次は、MetaMaskのウォレットアドレスの入力を始めましょう。

ブラウザ版Chromeのメニューバー(画面の右上)にあるMetaMaskをクリックしよう。

ChromeのメニューバーのMetaMask
オロチ
右上にアイコンがあるから、すぐ分かるよ

MetaMask画面が出てくるんで、上部の「0x」から始まる数字の横にある四角のマークをクリックしよう。

それで「ウォレットアドレス=宛先」のコピー完了です。

MetaMask TOP画面
ここをクリックしたら、アドレスがコピーされます
かずっちゃ

ウォレットアドレスを詳しく見たいなら、右にある3点マークをクリックしよう。

アドレス詳細の表示方法

下に出てきたメニューから、「アカウントの詳細」をクリック。

アカウントの詳細をクリック

すると、ウォレットのQRコードと、詳しいアドレスが出てきます。

詳細なアドレス
オロチ
ここからでも、アドレスのコピーはできます

コピーしたアドレスを、Coincheck側の「宛先」に貼り付けよう。

どうしても心配なら、ウォレットのアドレスをメモ帳に貼り付けて、宛先のアドレスと見比べてチェックしよう。

宛先の設定を始めよう

これで、宛先の入力は完了です。

最後に、SMSで本人かどうかの認証をするので、「SMSを送信」をクリックしよう。

SMS認証を始めよう

Coincheckに登録したスマホにSMSで6桁のコードが送られてくるので、それを入力します。

こんな感じに送られてきます
かずっちゃ
SMSの認証コード

全て入力できてるのを確認したら、「追加」をクリックしよう。

「追加」をクリックしよう

「宛先の追加/編集」をクリックして、追加した宛先が確認できたら成功です。

宛先が追加されていたらOK

もう一度チェック!!

・コピペしたMetaMaskのアドレスが間違いないかチェック!!

オロチ
間違えると、送金したイーサリアムが無くなっちゃうからね汗

送信先を入力しよう

続いて、送金先のサービス名を入力します。

下向き矢印をクリックすると、送金先の一覧が出てきますが、MetaMaskは無いんで、「その他」を選ぼう。

送信先を入力しよう

すると、名前を直接つけられるようになるんで、ここにわかりやすい名前を入れよう。

名前を入力しよう
オロチ
MetaMaskでもいいんじゃないかな?

受取人種別は。、そのままでOK。

送信先を入力しよう

「受取人種別」→「本人への送金」のままでOK

送金するイーサリアムの量を決める

MetaMaskに送金するイーサリアム(ETH)の量を決めて、それを入力しよう。

いきなり大量に送るのが心配なら、まずは少量でテストすると安心できますよ。

送金額を入力しよう

2段階認証をして送金する(GoogleのアプリVer)

送金する量が決まったら、いよいよ送金するだけ。

でも、本人確認とセキュリティの強化の対策で、Coincheckは2段階認証をしないと送金できません。

Googleのアプリ(Google Authenticator)を使って2段階認証ができます。

・iOS版はこちら
・Android版はこちら

アプリをタップして起動しよう。

2段階認証をしよう

「Coincheck」と表示されてる下の数字をCoincheckの「二段階認証」に入力。

表示されてる数字を入力

アプリの右にある円が表示されているうちに入力しないと無効になるんで、気をつけよう。

ここに数字を入力します

入力が終わったら、規約に同意して「申込みを確定する」をクリックしたら、MetaMaskへの送金は完了です。

また、Coincheckでイーサリアムを送金するには、以下のように手数料がかかります。

・イーサリアム(ETH)は0.00000001ETH以上の送金量が必要
手数料は0.005ETHかかる

お疲れさまでした!!
かずっちゃ

送金が終わったか確認する

送金の手続きが終わったら、最後に僧院ができたかどうかを確認しよう。

方法は、「暗号資産の送金」メニューページの下に「送金履歴」があるので、そこに送った日時ステータスが出ているんで、チェックしよう。

オロチ
反映されるまで時間が少しかかるよ

以上で、CoincheckからMetaMaskへの送金方法の解説は終了です。

お疲れさまでした
かずっちゃ

まずはCoincheck(コインチェック)で口座を開設しよう

ここまで、CoincheckからMetaMaskへの送金方法について解説してきました。

MetaMaskへ送金する理由は、OpenSeaでNFTを買うためがほとんど。

いま注目の国産NFT。CNP(Crypto Ninja Partners)が買えるのもOpenSeaだけ。

【NFTをイチから買うためのStep】

Section1 仮想通貨の口座を開く
Section2 MetaMaskでウォレットを作る
Section3 OpenSeaに登録(=MetaMaskとひも付け)する
Section4 MetaMaskにイーサリアムを送金する
Section5 OpenSeaでNFTを買う

NFTをゲットするためには、まずは仮想通貨の口座を開かないといけません。(Section1)

まずはCoincheckで口座を開くことから始めよう。

口座を開くこと自体は無料です。

しかも、6月30日までの期間限定でコインチェックで口座を開設して1円でも入金したら、2,500円分のビットコインがもらえるキャンペーンをやってます。

今ならお得にNFTをゲットできるチャンス。

ただ、予算があるキャンペーンなんで、いつ終わるかわかりません。

いま始めなかったらいつ始めますか?

サクッとコインチェックで口座を開いて、NFTを買いましょう!!

コインチェック
  • この記事を書いた人

かずっちゃ

NFTを中心にWeb3.0の情報を届けます。時代に取り残されない人を増やしたい。起業した会社を辞めた後、離れてた発信をCNPを買ったのを機に再開。本業は行政書士。ブログ歴4年、ライティング、ホームページ制作歴5年。

-MetaMask, NFTの始め方, 仮想通貨
-, , ,