子供と一緒に行くキャンプで選ぶイスはローチェア

キャンプ講座

子供が一緒のキャンプ初心者でも安心して使える厳選ローチェア2選 

かずっちゃ(@kazutcha01)です。

子供をキャンプに連れて行きたいけど、まだ小さいし怪我でもしたら大変だ。でも家族でキャンプに行きたいし、どうしよう。なんか良い方法はないかな?

そんな子供が心配でキャンプにいくのをためらっているあなた。

キャンプで子供が怪我をする大きな理由の1つにイスから落ちる、という原因があります。

この原因を取り除いてくれるのがローチェアです。

ローチェアなら、座高も30cmほどなんで子供も安心して立ち上がれます。しかも座り心地がバツグンなんで、あなたが長時間座っても疲れはたまりません。

この記事では、子連れキャンプ歴9年のぼくが厳選したローチェアを2種類紹介しています。

キャンプのお供にぜひローチェアを使って楽しもう。

(この記事でわかること)
・ローチェアのススメ
・キャンプ歴9年が厳選する2種類のローチェア

子供連れのキャンプ初心者でも安心。大人も子供も使えるローチェアはこの2種類

キャンプならローチェア

子供をいっしょにキャンプに連れて行くときに使うイスは、ローチェア1択。

どうしても考えちゃうのが子供の安全。これが保証されないと、とてもじゃないけど安心してキャンプなんて行けない。

それなりの時間座っていることが多いイス。

どうしても足が長いイスだと、子供が落っこちたりする危険があり、座りやすさや安全性を考えると、ローチェアの方がはるかに安全です。

当然、子供だけじゃなく大人もローチェアで統一しよう。

座高が低くて、大人はラクに座れなんじゃないの? そんなことはありません。大人もラクに座れるローチェアを2つ厳選しました。

ローチェアがなぜおすすめなの?

なぜローチェアなの

なぜ、ローチェアがおすすめなのか?

子供の安全の確保(最優先)と座り心地がいいからです。

子供のケガを防ぐ

子供が怪我をする理由として、ぼくの体感ですがイスから転げ落ちることがかなり上位を占めているからです。

どうしても足の長いイスでは、特に保育園に通っているぐらいの4〜6歳の子供は足が地面に届かずに転げ落ちる危険は高いです。

もちろん、もっと小さい子供の場合はさらに危険度がアップ。それなら足の短いローチェアを選んだほうが賢い選択です。

座り心地もローチェアのほうが良い

もう1つの理由。あなたは意外に思うかもしれませんが、座り心地はかなり良いです。特に夜はイスに長い間座ることになります。

イスによくありがち何ですが、シートが固かったりイスが安定しないと、座っているうちに腰が痛くなってきます。これが結構苦痛。

その点、ローチェアだと足が短い分安定もするし、いまのローチェアはよくできていて、腰が痛くならない工夫もされています。

ローチェアで統一することでイスの不満をなくす

子供も大人も座りやすいローチェア。1つでも違うイスが混ざっていると、奪い合いになってケンカが起きます。

これ、ホントにぼくの家族で起きました。せっかくのキャンプ、ケンカなしで過ごしたいじゃないですか。

家族の不満をなくすため、ローチェアで統一しよう。

ローチェアのデメリット

ローチェアのデメリット

そんなローチェアにもデメリットがあります。

値段が高い。この1点に尽きます。

子供の怪我を防ぐ。イスも安定して体への負担も少なく、機能は申し分なし。

でも値段が高い。辺りの量販店で見かけるイスと比べるとどうしても割高。

もちろん、イスは消耗品なんでそういった面で考えると量販店で買うのも一理あります。

でも、何回も言うようにローチェアには子供の安全を確保できるという譲れないメリットがあります。

子供のことを考えると、やっぱり多少値段が高くてもローチェアを選びたくなります。だって、キャンプは楽しいものですから。

おすすめのローチェアはこの2種類

数多くのローチェアが販売されている中、ぼくがおすすめするローチェアは、この2種類です。

この2種類のローチェアは、座りごごちもよく、長時間座っていても腰などに負担はかからない設計です。

ローチェアなんで、子供も安心して立つことができます。

見た目もオシャレでキャンプにとても馴染みます。

コールマン コンパクトフォールディングチェア

ローチェア(コールマン)

コールマンのコンパクトフォールディングチェアは、軽くて持ち運びも簡単。座り心地も良く、手すりも木製で変な感触もありません。

注意点として、ステンレス製のエッジが保護されていないので、何かで巻くなどして保護する必要があります。

今まで使っていて怪我したことはないですが、注意するに越したことはありません。

スノーピーク ファニチャー ローチェア30

ローチェア(snowpeak)

言わずと知れたsnowpeak(スノーピーク)のローチェア。

座り心地は最高。座っていても疲れを感じません。座高が30cmなので大人でも子供でも安心して使用できます。

最高のひとときを提供してくれます。

イスといえばテーブル。ローチェアに対応したローテーブルも必要です。

ローテーブルについては、

まとめ

小さい子供を連れてキャンプへ出かけるなら、イスは間違いなくローチェアです。

子供の安全も確保でき、誰が座っても座り心地が良い。

その分値段が高くなりますが、やっぱり子供の安全を考えるならローチェア1択です。座っているあなたも疲れませんし。

せっかく出かけるキャンプ。安全に楽しく過ごしたいじゃないですか。

子供たちの安全を確保して楽しい時間を過ごしましょう。

キャンプについて、テントやタープなど初心者がそろえるべき用具については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

キャンプのことをもっと詳しく知りたい、テントや他にそろえる道具のことをもっと知りたい!! と思ったら、のぞいてみてください。

きっとあなたのキャンプライフの役に立ちます。

関連記事

  1. キャンプ即デビューに揃えるもの
  2. 初心者にオススメのランタン
  3. ツーバーナー1択
  4. 快適な食卓はローテブルと焚き火テーブルで
  5. ペグとハンマーの正しい選び方
  6. 安全に焚火するならスノーピークの焚火台L

読まれている記事

  1. キャンプの教本
  2. 最初に読んでほしい10記事
  3. 地方で転職・副業するならWebエンジニア
  4. TechAcademyのおすすめコース
  5. 初心者のためのブログの始め方

ゼロにイチを足す方法

  1. 記事周りを強化するプラグイン3選

    WordPress

    WordPressで記事執筆を加速するために必要なプラグイン3選
  2. 炭・オガ備長炭の火起こしはチャコスタⅡラージ

    キャンプ講座

    キャンプの定番BBQの火起こしはチャコスタⅡラージ。オガ備長炭もラクに着火
  3. 複業するためのおすすめスキル

    働き方

    経験なしでもできる。複業始めるなら身につけたいおすすめのスキル3選
  4. 初心者が選ぶべきタープはsnowpeakのヘキサタープL

    キャンプ講座

    キャンプ初心者にオススメするタープはsnowpeakのヘキサタープPro仕様
  5. MNPの方法は簡単です

    ライフハック

    【まとめ】UQモバイルへのMNPはたったの4STEP。格安simに乗り替えないの…
PAGE TOP