ブログ運営

WordPressを使うなら エックスサーバー 。申込の方法を解説

サーバーをレンタルするならエックスサーバー

かずっちゃ(@kazutcha01)です。公務員辞めてフリーランス兼複業家として、毎日がんばっています。

 

 

これからWordPressを使ってブログを運営していくなら、サーバーをレンタルするのは必須。おすすめはXserver(エックスサーバー)です。

 

サーバーをレンタルしないと、WordPressは始められません。初めてWordPressを使おうとするときの、よくわからないことの1つが、

 

「サーバーってなに? なんで借りないといけないの?」

 

だと思います。どうでしょうか。

 

それでも、サーバーはレンタルしないと始めることができない。よくわかっていないけど、とにかく借りようという流れが普通かと。

 

この記事では、そんな疑問の解消とエックスサーバーの申し込み方法について解説していきます。

この記事でわかること
  • WordPressがサーバーをレンタルしないといけない理由
  • Xserver(エックスサーバー)の申し込み方法

WordPressがサーバーをレンタルしないといけない理由

エックスサーバー

WordPressを使ってブログを運営するためには、絶対にサーバーをレンタルしないといけません。

 

その理由について、ここで解説をしていきます。

 

そもそも、WordPressはソフトウェアです。WordPressだけでは記事をインターネット上に公開することはできません。

 

「その理由がわからないんだよ!」

 

という声が聞こえてきそうですが、この言葉だけで説明がついちゃうんです。もう少し詳しく解説します。

クライアント・サーバー方式

クライアントサーバー

インターネットでホームページやブログ記事をみることは、パソコンやスマホから当たり前にできますね。

 

その見ているホームページやブログ記事は、どこにあると思いますか?

 

全てサーバーに入っています。

 

ぼくたちがブログ記事を見るためには、パソコンやスマホが必要です。これらをまとめてクライアントと言います。

 

クライアント側からホームページやブログが入っているサーバーに、このページ/ブログが読みたいと要求します。これをリクエストと言います。

 

すると、サーバー側から要求されたページ/ブログを見つけて、リクエストを送ってきたクライアントに返します。これをレスポンスと言います。

 

クライアントサーバー方式クライアントサーバー方式

 

この関係が成り立って、初めてホームページやブログ記事が見れます。

 

WordPressはソフトだと言いましたね。このソフトをサーバーにインストールすることで、WordPressで書いた記事がインターネット上に公開されます。

 

こういった仕組みがあるので、サーバーをレンタルする必要があるんです。

エックスサーバー の特徴

xserver

WordPressを始めるために借りるレンタルサーバーとしておすすめしているXserver(エックスサーバー)は、高速で安定性のあるサーバーです。

 

Xserver(エックスサーバー)の特徴をさらっと解説します。

①通信速度が速く、大量アクセスに強い

通信速度が速いことが、エックスサーバーの特徴の1つです。

 

SSD、RAID10に対応し、かなり高速で通信を行えます

 

さらに、ブログが育って多くのアクセスが集まっても安定して動きます

②サポートが充実している

サポートが充実している

エックスサーバーのもう1つの特徴として、サポートが充実していることです。

 

データを万が一消してしまっても、バックアップ機能があるためすぐに復旧することができます。

 

データのバックアップは1日ごとに行われるので、消してしまった前の日までのデータは残っているので、安心ですね。

 

また、24時間365日メールサポートを行なっていて、ちょっとした疑問も必ず24時間以内に回答してくれます。

 

エックスサーバーはこの2つの点がとても優れています。サーバーが落ちない、サポートが充実していることがぼくがレンタルサーバーとしておすすめしている理由です。

 

あわせて読みたい
独自ドメイン取るならお名前.com
ブログ運営の第1歩。独自ドメイン取るなら お名前.com がおすすめWordPress(ワードプレス)でブログ運営を始めるなら、独自ドメインを取ることは絶対に必要です。独自ドメインを取るなら お名前.com がおすすめです。ブログ運営を副業・複業として行うなら例え無料ブログであっても独自ドメインは取っておこう。この記事では、お名前.comで独自ドメインを取る方法を解説します。...

エックスサーバーの申し込み方法

エックスサーバーの申し込み方法

ここからは、エックスサーバーの申し込み方法について解説します。

 

申し込みの手続きはとても簡単です。図解を交えて進めていきます。

①申し込みフォームに進もう

エックスサーバーのトップページから、右側にある「お申し込みはこちら」をクリックします。

 

また、メニューバーの「お申し込み」→「お申し込みフォーム」をクリックしてください。

xserver申込 xserver申込(メニュー)

エックスサーバー会員IDを持っていない場合は、左側の「新規お申し込み」をクリックしてください。

新規申込

②必要事項を記入しよう

申し込みフォームに移動したら、必要事項を記入していきます。

 

申し込み内容は次のとおりです。

  1. サーバーID(初期ドメイン)
  2. プラン(3通り)
  3. メールアドレス
  4. 登録区分(個人・法人)
  5. 名前
  6. 郵便番号
  7. 住所
  8. 電話番号
  9. メール配信の有無

これだけの情報を入力します。

 

サーバーIDは、3〜12字以内の半角英数字になります。プランについては、はじめはX10で問題ありません。

申込内容① 会員情報 会員情報②

参考までに、X10プランの料金表を紹介します。

 

X10プラン料金表

 

ここまでの情報を入力したら、利用規約と個人情報の取り扱いについての規約を読みましょう。

 

読んで、内容に問題なければ、「お申し込み内容の確認」に進んでください。

 

利用規約 規約等の確認

これで、申し込みの入力は完了です。

 

あとは、エックスサーバーから、申し込み完了のメールが届くのを待ちましょう。(自動送信なので時間はかかりません)

申込完了メール

この申し込み完了メールに書いてあるアカウント情報などは、このあとの設定に必要なので、間違って消さないようにしてください

支払い方法を選ぼう

支払い方法

サーバーの申し込みが終わったので、最後にエックスサーバーのレンタル料金の支払いをします。

 

無料お試し期間は10日間しかありません。すぐに支払いの設定が必要です。

①インフォパネルにログインする

エックスサーバーに料金の支払いをするには、「インフォパネル」にログインします。

 

エックスサーバートップページの「ログイン」→「インフォパネル」をクリックしてログイン画面に移ります。

管理画面へ

ログイン画面で、申し込み完了メールに書いてあったログインIDパスワードを使ってインフォパネルにログインします。

インフォパネルログイン

②支払い方法を選ぶ

インフォパネルにログインできたら、支払い方法を選びます。

 

「決済関連」「料金のお支払い」をクリックします。

 

料金の支払いへ

契約したサーバーにチェックを入れ、更新期間を選んで支払い方法を選択する」をクリックします。

 

更新期間は、下の5通りです。

  • 3ヶ月
  • 6ヶ月
  • 12ヶ月
  • 24ヶ月
  • 36ヶ月
支払い期間の選択

最後に、支払いの方法を選びます。支払い方法は4通りです。

  • 銀行振込
  • クレジットカード
  • コンビニ支払い
  • ペイジー
銀行振込 支払い方法選択

これで、支払いも完了です。いよいよレンタルサーバーを使うことができます。

まとめ

これからWordPressを使ってブログを運営して副業・複業を始めるなら、サーバーをレンタルするのは必須。おすすめはエックスサーバーです。

 

サーバーをレンタルしないと、WordPressは始められません

 

どうせレンタルしないと始められないなら、安心で信頼性が高いサーバーを選びたいですね。

 

エックスサーバーなら高速通信、充実のサポートで国内150万件もの実績があります。エックスサーバーでレンタルを済ませて、安心してWordPressを始めましょう。

 

Xserver

また、エックスサーバーには、WordPressに特化したサーバーレンタル、【wpX】も提供しています。こちらもご検討ください。

wpX(ダブリューピーエックス)