メディア運営

【実例あり】発信するネタが無いなんて嘘。経験してきたことをぶっちゃけよう

今までの経験を発信しよう

かずっちゃ(@kazutcha01)です。公務員辞めてフリーランス兼複業家として、毎日がんばっています。

この記事でわかること
  • ネタを探すなら自分の経験から探すことが良い理由
  • 自分自身の経験を発信する方法

最近発信するネタが無くなってきた。目を引きそうなこともやり尽くしたし、経験から話せそうなネタもない。

ブログやツイッター発信を頑張るって決めたのに、もう行き詰っちゃった。有益な情報なんてそんな簡単に見つけられないよ。

そんな悩みを抱えているあなた。

あなたは、いちばんのネタの宝庫を見逃していますよ。

それはあなた自身の今までしてきた「経験」です。

経験から話せそうなネタがない?? それは、ちょっと表現の方法がわからなかっただけ。

表現の方法さえわかっちゃえば、後は経験したことを思い出すだけで大丈夫。

この記事では、あなたの経験が発信する武器になる理由と発信方法の具体例をできるだけ詳しく紹介しています。

経験したことをぶっちゃけよう。良い悪い全部を

経験してきたことをぶっちゃけよう

発信するネタが無いなんてことはありません。

「今やっていることに自信が持てない」
「面白そうなこと、役立ちそうなことは出し尽くしちゃった」

そんなことは無い。あなたにはもっと多くのことを発信できるネタの宝庫を持ってます。

「経験」

あなたがいちばんわかってて、誰よりも深く発信できること。

人生、仕事、趣味、恋愛、結婚。たくさん持ってるじゃないですか。

それを発信すればいいんですよ。良かったことも悪かったことも全部。

これからの発信は、あなた自身をブランディングして信用(影響力)を高めていくことがとても重要。

ぼくもTwitterで自分をさらけ出していくことで、ぼく個人が少しづつですが認知され、信用をもらえるようになってきました。

今までの人生を、経験をさらけ出したからこそ。

断言します。経験は発信する強い武器になります。

経験を発信する方法

過去の自分と比較する

実際、どうやって経験したことを発信していけばいいんだろう?

「とりあえずやってみろ」ではどこかの会社の上司と一緒ですね(笑)

 

簡単ですが、具体例を紹介します。

過去の自分と比較する

いちばん発信しやすいことが「過去の自分との比較」

以前はこんなことをしていたけど、その経験は今やっていることにも役立ちます。

それを具体例をつけて発信します。


ぼくの場合は前職が公務員だったんですが、今は複業しています。でも公務員時代に得た知識は誰かのために発信ができます。

何を経験していて、何が役立ちそうかを考えればできるはずです。

経験したことを感想を述べてそのまま発信する

この発信も比較的発信しやすい方法。

過去にあった出来事をストレートに再現して気持ちを乗せる。

この方法は案外刺さります。


地方公務員の気持ちを代弁したツイートです。

これもぼくが実際に経験したこと、思ったことを純粋に表現したものです。同じ思いをしている公務員、公務員が叩かれているのを理不尽だと思ってくれている人に刺さりました。

過去と今の考え方の違いを並べる

過去との比較に似ていますが、これは今も昔も同じことをやっているけど、考え方や取り組み方が大きく変わったことをツイートしています。


過去は読書に対してただ読んでいるだけで何も活かせなかった。でも今はしっかり活かす読み方をしているという単純な比較です。

これも立派な経験を活かした発信です。

人生の転機、大きな出来事を発信する

人生の転機や生きてきた中で起こった大きな出来事も立派に経験してきたこと。

しかも、あなたにとっての一大イベントです。

1つのことをツイートしても良いし、下のツイートのように時系列にして発信するのもありです。

特にこのカテゴリーは「エモい」ツイートが多くなります。なので、ハマると一気にバズります。


妻に助けられ、支えられてきた出来事を年表にして最後に感謝をしています。

ツイートにも統一性が出て読者の頭に入りやすくなります。

まとめ:経験したことを隠さず発信しよう。人生は最高のネタの宝庫

あなたが今まで経験してきたことは、全部発信できます。

あなたにとっての普通は他人にとっては新鮮なこと。「自分になんて何もない」なんてことは絶対にありえません。

もっと自分自身をコンテンツ化しよう。あなたの中には誰かの役に立つ情報がたくさん眠っています。

その方法がちょっとわからなかっただけ。

自信を持って自分の経験を発信していこう。

その発信はきっと誰かの役に立つ。