プログラミング

稼げるまで成長したプログラミングスクールを使った勉強法の3つのコツ

プログラミングスクールを活かした勉強法

かずっちゃ(@kazutcha01)です。公務員辞めて複業家として、毎日がんばっています。

 

プログラミングスクールに入りたいんだけど、どうやったら上手に勉強できるんだろう?

稼げるスキルを身につけることができるんかな?
遅れたりして落ちこぼれになるのも嫌だ!!

万が一失敗したら受講料も無駄になってしまうから、勉強も失敗できない

確実に稼げるスキルを身につける勉強法なんてあるのかな?

そんなプログラミングで稼ぐことを考えているけど、プログラミングスクールの勉強法がわからずに入るのをためらっているあなた

大丈夫ですよ。稼ぐためのスキルを身につけるのがプログラミングスクールの勉強です。カリキュラム通りにするだけでも十分な力が身につきます

が、しかし。カリキュラム以外での勉強の方法をちょっと工夫するだけで、さらに効率よくスキルを身につけることができるんです

コツは「わからないことをそのままにしない」こと、「カリキュラム以外のことで復習する」、「時間を有効に活用する」、この3つのポイントを抑えること

これだけで、あなたのプログラミングスキルは飛躍的に伸びます。ぼくもこのコツを掴んでからかなりスキルが伸びました

もちろん、時間も使うし簡単ではないです

それでも、あなたがプログラミングで稼ぐためのスキルを身につけたいならぜひ実践してほしい方法

この記事では、稼げるまでになったプログラミングスクールでの勉強をするにあたって、3つのコツをできるだけ詳しく紹介します

あわせて読みたい
迷ったら選ぶべきプログラミングスクール
テックアカデミーはおすすめのプログラミングスクール。即戦力になる力を手に入れようechAcademy(テックアカデミー)は数あるプログラミングスクールの中でも、実践的なスキルの取得、IT業界への就職・転職サポートにはとても定評があり、おすすめです。実用的なスキルに特化したカリキュラム、テキストを使っての即戦力の育成、20,000人を超える就職・転職者を出した実績もあり、おすすめのスクールです。...

プログラミングスクールで稼げるかどうかは、自主学習の勉強法で決まる

自主学習の方法で変わる

プログラミングスクールのカリキュラム(勉強方法)を最大限に活かすなら、自主学習の方法で決まります

もちろん、スクールのテキストや受講スタイルが悪いわけじゃありません

カリキュラムをしっかりと学習していけば、稼げるだけのスキルは身につきます

でも、あなたも経験したことがあると思いますが、教科書通りのことをやっていても応用問題は解けないのと一緒で、カリキュラム以外のところでの頑張りが大事

自主学習をうまくやることで、スクールのカリキュラムで手に入れたスキルをより実戦ですぐ使えるものにまで高めることができるんです

自主学習のコツは3つあります

  1. わからないことはそのままにしない
  2. カリキュラム以外のツールを使って自主学習する
  3. 時間を有効活用して勉強時間を増やす

いま、「そんなのあたりまえのことやん!!」って思いませんでしたか?

このあたりまえのことさえやれば、即実践で使えるスキルが手に入るんですよ。じゃあ、何でスキルが手に入らない受講生が出てくるのか…

このあたりまえのことができないからじゃないでしょうか?

簡単なことのように思えて、実はとても難しいことなんですよねぇ。地味ですし(笑)

だからこそ、できさえすればレベルアップは確実なんですよ

ここがプログラミングで稼ぐというあなたの目標を達成できるかどうかの境界線です

3つの勉強のコツを掴んで、稼げるプログラミングスキルをマスターしましょう

ぼくはTech Academy(テックアカデミー)を受講しました。自主学習をするには最適なカリキュラムと受講内容です

Tech Academy(テックアカデミー)はこちら

あわせて読みたい
TechAcademyのおすすめコース
テックアカデミーの即エンジニアとして働くためのおすすめはフロントエンドコースWebエンジニアとして即独立して稼ぐために受けるべきTechAcademy(テックアカデミー)のおすすめコースは「フロントエンドコース」です。フロントエンドの案件は需要も多く、敷居も他のプログラミング言語に比べて高くない。はじめにしっかりと学んで他の言語に横展開することも可能。おすすめのコースです。...

カリキュラムの勉強だけでは足りない理由

カリキュラムだけじゃ足らない理由

プログラミングスクールのカリキュラムをしっかり学習することでも、プログラミングのスキルはしっかり身につきます

でも、それだけじゃ足りないんですよ

カリキュラムをやっているうちに気づいたんですが、テキスト通りに進めていけば、Webページや簡易的なサービスは作れます

けど、書いてあることをこなしてるだけじゃ、あとで確認のために復習しようと思っても

「あれ、こうだったかな?」
「確かこのコードで大丈夫にはずだけど・・・」

そう、知識があいまいになったままカリキュラムが進んじゃうと実際にサービスを作ろうとした時に詰まっちゃうんですよ!!

これこそがカリキュラムだけで勉強することの罠

応用力がつかない、勉強したはずのことが身につかないといった稼ぐために本当に必要なことが身につかなくなる危険が!!

だからこそ、わかったつもりで済まさないための対策が必要なんです

稼ぐ技術を身につけるための勉強法

3つの勉強法

せっかくスクールに入ってまでガチでプログラミングをしようと頑張っているのに、あいまいな知識のまま卒業なんてもったいなさすぎませんか?

そうならないためには、自主学習をしっかりとやって「わからないことをわからないままにしておかない」ことが大事

そのために必要なのは、カリキュラム以外のツール自主学習を実行するための時間

この3つをしっかりと押さえて学習することで、「わかったつもり」を無くして本当に稼ぐためのスキルを身につけることができます

わからないことはそのままにしない

プログラミングを勉強する中で、これは本当に大事

わからないことを放っておくと、まず100%つまずきます

Tech Academy(テックアカデミー)でも、つまずきを防ぐために単元ごとに課題があって、知識とスキルを確認するようになっていましたが、そのままやっているだけじゃ完全に使える技術として定着するかというと、そうでもない

実際に以前勉強した知識を使って、別の単元の課題をクリアするような時には覚えているべきことがあいまいになっていることが、勉強始めたころに起こったんです

あいまいにしないためには「わからないこと」を放っておかないこと

①質問スレッドを利用する

プログラミングスクールには、質問を受け付けるための専用スレッドがまずあります

このスレッドを最大限に利用しよう

とにかくちょっとでもわからないことがあったら、すぐに質問する。レスが早ければ早いほどいいですね

相手がうっとうしいと思うぐらいで大丈夫。とにかく質問して、疑問点は感じた日のうちに解決するようにする

Tech Academy(テックアカデミー)の質問スレッドはかなり使い倒しましたね。1回失敗してからホントわからなくなることが嫌だったんで…

  1. 利用時間:15:00〜23:00
  2. 利用回数:時間内なら何回でもOK
  3. レスの速さ:1分〜3分以内には返ってきます

このレスの速さと、時間内は無制限に使えるというメリットはかなり大きかったですね

質問スレを使うときは、何がわからないかをはっきりとあなたが把握していることがとても重要

自分なりに調べたりわからないことを箇条書きにして相手に伝わりやすくしよう。疑問点の整理にもなるし、何より相手に伝わりやすいからです

②参考書などで似た事例を探して解決する

もし参考書などを持っているようなら、似たような事例を探して何がおかしいか、どこが違っているんだろうかをしっかりと探して解決しよう

それでもわからないようなら、①の質問スレッドに書き込んで解決の糸口を見つけよう

プログラミングのミスなどは、基本はあなたが自分で解決すべき問題です。実際の実務でも、わからないことは放ったらかしにせずに自分でエラーを発見して解決するスキルが求められます

そのための練習だと思って、まずは自分で解決する方法をとってみよう

実際に稼ぐための仕事をする時に、この経験は大いに役立ちます

カリキュラム以外のツールを使って復習する

カリキュラムだけだと、作るサービスはテキストに載っているもの1つだけになるんで、応用が効かなくなる危険が!!

それを解消するために、テキスト以外の無料サービスを使って知識とスキルを補足していこう

特にわからなかった点が解消したときに、無料サービスのテキストの問題をやることで知識も定着

例えば、この2つのサービスは有名な上にとても使い勝手がよく、補足教材としてはもってこいの無料サービスですよ

無料サービスを使って復習するタイミングですが

  • 各単元ごと
  • わからなかったことがあったらすぐ

このタイミングで復習するのがとても効果が高いですね

時間を有効活用して勉強時間を増やす

なんだかんだ言って、プログラミングスクールのカリキュラムをこなすだけで精一杯。かなりのボリュームがあるし、他のことなんて本当にできるんかな??

それは、今やっている時間を増やすことを考えていませんよね

無い時間は増やせばいい!!

時間は作ろうと思えばしっかり作れます。稼ぐスキルを身につけるためなら時間を使うのは当然です

無い時間を作る方法例

  • 朝活をする
  • 夜活をする
  • 隙間時間を使って勉強する
  • 残業をしない
  • わからない点をあらかじめまとめておく
  • いらないものを捨てて時間を作る

方法はいくらでもあります。あとはどれだけ本気でプログラミングで稼ぐ気持ちがあるかどうかで、時間を作れるかどうかは決まります

まとめ:稼ぐためのプログラミングスキルはちょっとした勉強法の工夫で身につく

断っておきますが、プログラミングスクールのカリキュラムはとても優秀だと感じています。Tech Academy(テックアカデミー)をはじめ、何社かのスクールを受講してわかってます

でも、プラモデルを設計図どおりに組み立てたら完成するのは当たり前で、テキストの構成は進めていけば完成形は作れます

それだけじゃ、本当の実力はつかない。カリキュラムで得たスキルを自分の頭で考えてしっかりものにして、別の方法で1度使ってみることが必要

そのための工夫が今回紹介した勉強法です

  1. わからないことはそのままにしない
  2. カリキュラム以外のツールを使って自主学習する
  3. 時間を有効活用して勉強時間を増やす

これだけ実践するだけでも、あなたのプログラミングスキルはスクールに通う以上のものになるでしょう

あとは、あなたがどれだけ本気で稼ぐためのスキルを身につけると考えているかどうか。あなたの工夫次第で、ただ卒業するだけなのか、稼げるエンジニアになるかが分かれます

本気で稼ぐためにプログラミングスクールを検討しているあなたなら大丈夫でしょう

あとは行動するのみです

効果的な学習方法が実践できるプログラミングスクール

ぼくは、実際にプログラミングスクールを使ってスキルを手に入れました

今回紹介した勉強のコツも、いくつもプログラミングスクールを受講してわかったことです

カリキュラム以外の勉強をする大切さは今回の記事で詳しく書きましたが、活かすためには質問したらすぐ返事が返ってくるシステムが整っていることが条件

自分で疑問点を洗い出して質問する、自分で解決しようとしてわからなかった部分を聞く相手は、やはり専門のエンジニアに聞くのがいちばん

それをクリアしているスクールがTech Academy(テックアカデミー)です

テックアカデミーの質疑応答のスタイルは、本文でも書きましたがとにかくレスが早い。質問する時間は決まっていますが、ホントに早くてぼくがびっくりするくらいでした

答えてくれるメンターも現役のエンジニアで、答えそのものを教えてずにぼくが考えて答えを導き出せるようなレスをしてくれるます

  1. 利用時間:15:00〜23:00
  2. 利用回数:時間内なら何回でもOK
  3. レスの速さ:1分〜3分以内には返ってきます

これは、エンジニアの必須スキルでもある問題を自力で解決する力を養うことになります

この質問スレッドのおかげで、間違いなく実践で役に立つ力がつきました

だからこそ、あなたにオススメしたいプログラミングスクールはTech Academy(テックアカデミー)です

ここなら、プログラミングで稼ぐための確かな技術が身につきます

 

Tech Academy(テックアカデミー)はこちら