副業・複業

【初心者】プログラミングはHTML&CSSをはじめに勉強すると役に立ちます

最初に勉強すべきはHTML&CSS

かずっちゃ(@kazutcha01)です。

会社に入ってしばらく経ったけど、給料だけが収入源だと少し将来が不安になってきた。

副業で何か考えないと、これから先の自分の生活がめっちゃ不安。

世間では、プログラミングを覚えると仕事があると言われているし、周りに聞いても「まだまだ需要はある」って言われた。

確かに副業でプログラミングができたら収入の柱になるし、万が一会社の給料より稼げるようになったら・・・

でも、よくよく考えたらプログラミングって何を勉強したらいいんだ??

全くやったことないのに、本当に身につけられるのか不安だ。

大丈夫。

HTML&CSSをはじめに勉強することで、その悩みは解決できます。

この記事では、プログラミング初心者がはじめに勉強するべき言語は、HTML&CSSという理由についてできるだけ詳しく解説しています。

初心者がはじめに学習すべき言語はHTML&CSSです

HTML&CSSがおすすめ

プログラミングをこれから勉強して収入の柱を作りたいと考えてるなら、まずはHTML&CSSをおすすめします。

理由は、プログラミングの基本だから。

ホームページの大半を作っているのはHTML&CSSです。

この言語で大枠を作り、他の言語で動きなどを作ることでホームページはできています。

HTML&CSSは他のプログラミング言語を扱うときにも登場し、先に身につけておくことで他の言語を勉強するときに覚え直さなくてもよく、時間短縮ができて効率的。

さらに、このHTML&CSSが扱えるエンジニアは、まだまだ日本全体で足りていないのが現状。

企業もエンジニアの確保には頭を抱えています。

僕もホームページ作成や改築のお手伝いをさせてもらってますが、明らかに必要とされています。

ということは、仕事はまだまだあります。

これからプログラミングを身につけて、収入の柱を作るならHTML&CSSから始めよう。

HTML&CSSは”見た目”を作る言語。Webサービスの土台

見た目を作る言語

もともと、ホームページはこのHTML言語からスタートしています。でも、それだけだと無機質なものしかできなかった。

見た目を変えることはできても、直接コードを打ち込まないとダメで、かなり不便だったのも事実。

そして、CSSという言語が生まれ、文字色の変化などを別のシートで統一して扱うことができるようになりました。

今のホームページの”見た目”を作っているのは、このHTML&CSSというマークアップ言語と呼ばれるもの。

簡単な例ですが、こんな感じでWEb上で文字と色を見せているのがHTML&CSSです。

See the Pen
yLNvYKZ
by 高橋 一浩 (@kazutcha)
on CodePen.

他のプログラミング言語でも使います

HTML&CSSは、他のプログラミング言語を扱うときでも使います。

例えば、このWordPressは「PHP」というプログラミング言語。

でも、いまこの記事の見た目を作っているのはHTML&CSS。

ちなみに、H2タグは自分でCSSを使って見た目を装飾しています。

このように、他のプログラミング言語でもしっかりとHTML&CSSは使うことがあるので、いちばんはじめに学んでおくことで、この後プログラミングでの副業の幅が広がって、仕事もとりやすくなりますよ。

HTML&CSSを最初に学習するメリット

最初に勉強するメリット

HTML&CSSを最初に学習するメリットは3つあります。

①ホームページを作ることができる
②ハードルが低い
③他の言語を勉強するとき集中できる

HTML&CSSを学習するメリットは、需要がかなり高い「ホームページ」を作ることができるようになることです。

他のプログラミング言語を学習するよりハードルが低く、初学者でもとっつきやすく覚えやすいのも特徴。

また、汎用性の高い言語なので他のプログラミング言語でサービスを作るときにも使われます。

最初に学んでおくことで、他の言語にチャレンジするときに勉強を省けることができるため、手間が省けると同時にその言語の勉強に集中することができる。

ホームページを作ることができる

最初のメリットは、ホームページを作ることができること。

HTML&CSSは、ホームページの「見た目」を作る言語だということは軽く説明しました。

でも、「それのどこがメリットなの?」と思ったでしょう。

ホームページの作成・改築は、今でもかなりの需要があります。

僕は田舎で会社や個人事業主のホームページを作ったりリニューアルをしてます。

はじめは、あなたと同じように「仕事あるのかな?」と思いました。

でも、結果は仕事ありました。無いというのは思い込みです。

なので、ホームページが作れるというのは副業をする上でとても有利

真っ先に覚えておいて損はないです。

ハードルが低い

2つ目のメリットは、他のプログラミング言語に比べて難易度が低いこと。

僕はRuby・Ruby on railsという言語も勉強しましたが、その言語よりもはるかに覚えやすく、頭に入ってきました。

学習しながら詰まる回数も、圧倒的にHTML&CSSは少なかった。

そう考えると、やっぱり最初に勉強するのはHTML&CSSがいちばんだと思ったのを覚えています。

覚えて使いこなせるようになる時間が他の言語よりかからないというのは、それだけ早く収入の柱を作れることになるので、いち早くとりかかれるのは大きなメリットですね。

他の言語を勉強するとき集中できる

3つ目のメリットは、HTML&CSSを最初に覚えることで他の言語を学習するときに、その言語に集中して取り組むことができること。

これは、実際にそのときになってみないと実感できないかもしれないですが、他の言語でもHTML&CSSを使ってサービスを作ることがあります。

そのとき、メインの言語と同時に覚えないといけないから、かなり時間を使っちゃうことになり、焦りから集中して取り組めなくなることに。

せっかく収入源を増やそうとしてがんばってるのに、もったいなくないですか?

だからこそ、はじめにHTML&CSSを身につけることは、理にかなってます。

デメリットはHTML&CSSだけでは良いサイトはできないこと

デメリット

HTML&CSSを最初に覚えることのデメリットは、正直言ってありません。

強いてあげるなら、HTML&CSS単体では動きのあるサイトを作るのは難しいこと。

動きのあるサイトは、アニメーションやボタンを押すと色が変わるなど見た目はもちろんですが、データを貯めたりリアルタイムでサービスを行うようなページを作るのは厳しいです。

JavaScriptやRuby on railsというような別のプログラミング言語が必要になってきます。

ただ、HTML&CSS自体はとても汎用性が高い言語なので、はじめに覚えておくのがいちばんです。

HTML&CSSは全ての基本。はじめに学べば今後に繋がります

HTML&CSSの勉強法は

HTML&CSSは、全てのプログラミング言語を覚えるために最初に学んでおくべきものです。

副業でプログラミングで仕事を始めるなら、いちばん需要の多いホームページの作成・改善を受けることができるのは大きい。

覚えるハードルも他のプログラミング言語よりも低く、身につくのも早い。

副業の幅を広げるために、他のプログラミング言語を覚えるときにも出てくるので、先に覚えておくと2度手間を防げる。

最初に覚えておけば、間違いなくあなたがプログラミングで副業をはじめる大きな力になってくれます。

HTML&CSSを覚える方法は?

HTML&CSSを勉強する方法は、プログラミングスクールがおすすめです。

独学だと、詰まったときに解決する方法を見つけるのが難しい。

その点、プログラミングスクールだと「わからない場所をわからないままにしない」環境が整ってます。

僕は独学、スクールどちらも経験しましたが、覚えは圧倒的にプログラミングスクールが早かったです。

プログラミングスクールについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

あわせて読んで、HTML&CSSを副業の柱にして、安定した収入を得るための助けにしてください。

TechAcademyのおすすめコース
テックアカデミーですぐに副業や独立で稼ぎたいならフロントエンドコースがおすすめWebエンジニアとして即独立して稼ぐために受けるべきTechAcademy(テックアカデミー)のおすすめコースは「フロントエンドコース」です。フロントエンドの案件は需要も多く、敷居も他のプログラミング言語に比べて高くない。はじめにしっかりと学んで他の言語に横展開することも可能。おすすめのコースです。...