親子で共通の趣味を持つことはとてもメリットがある

SPONSERD RINK




こんばんは、駆け出しブロガーのかずっちゃ(@kazutcha01)です。この週末に、長男と親子プログラミング教室の体験カリキュラムに参加してきます。

参加を決めて思ったことが、親子で共通の趣味を持てると、いろんなメリットが生まれます。どんなちっちゃなことでもいいですが、共通の趣味を持つことをオススメします。

共通の趣味を持つことのメリット

共通の趣味を持つことでどんなメリットがあるかって言うと、真っ先に思い浮かぶことが

  • 「会話ができる」

ことです。うちの長男は小学校6年生になりますが、この時期になってくると反抗期が始まってなかなか会話などができなくなるのが普通ですが、趣味が同じものがあると自然と会話ができます。

なるべくスポーツなどのように、体を動かすようなことの方がいいと思います。

でも、もっと良いのはぼくたち親が「ゲーム」・「YouTube」などの子供たちがハマりそうなものが好きだということです。子供たちがハマっているものにちょっとした情報を与えたり、一緒にやることで、自然と会話が生まれてきます。

子供たちも、親が自分と同じものが好きだというだけで親近感が湧いてくるんだと思います。親との間にある壁がなくなることでいろんなことを話してくれるようになります。

ぼくは、ゲームやYouTubeの動画閲覧などが思いっきり子供たちとかぶっているんで、やっている間は親子というよりツレに近い感覚になってます。

学びたいことが同じ

今回、親子プログラミング教室の体験に行くことを決めた理由は、ぼくと長男で学びたいことが同じだからです。ぼくは、プログラミング全般を今学んでいる最中です。

【Progateを使ったプログラミング学習について】

長男は長男で、この夏休みの自由研究で「Swift」を自由研究にしたくらいプログラミングに興味を持っているんで、今回親子体験に参加することにしました。

【長男のSwift学習について】

→→ 息子の夏休みの自由研究が、「Swiftでアプリを作る」です

ここまで子供と趣味や興味があることが一致することはなかなか無いとは思いますが、もし何か一致することがあったらその時点で子供との距離はグッと縮まります。

モチベーションが上がる

子供と同じことを学習することで、モチベーションがグッと上がります。これはホントです。夏休みの自由研究を手伝っていて感じたことが、一緒に覚えながら進んで行くっていうことはとても新鮮で、知識・技術として身につく速度が一人で勉強している時より断然早いです。

この効果が、いちばんぼくにとって親子で共通の趣味などを持っていて役に立つことだと感じています。

commonhobby

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です