アウトプットするための裾野を広げて回数を増やす|かずログ
”スキルアップ”しよう

アウトプットするための裾野を広げて回数を増やす

output

かずっちゃ(@kazutcha01)です。

 

情報のインプットに偏りすぎていて、アウトプットが追いついていないというバランスの悪い状態に陥ることってありませんか?

 

情報のインプットの裾野を広げることばかりに力を入れていると、アウトプットがおろそかになってしまうっていうことになってしまう確率が高くなります。

 

こういう状態を「情報メタボ」っていうのかな。脱出する方法を考えないと・・・

情報をインプットする裾野は広い

情報をインプットする(仕入れる)ことは、仕入れるための手段がいくらでもあるんで、けっこう簡単です。たとえば、

  • インターネット検索(ググる)
  • ニュースなどのキュレーションサイト
  • 書籍
  • Twitter、InstagramなどのSNS

ホント、情報が入りすぎてしまうっていう状態はすぐにできてしまいます。本人にその気があればですが。

情報をインプットしすぎることの弊害

情報をインプットしすぎると、どうしてもその情報をアウトプットする場とのバランスが崩れ、せっかくインプットした(仕入れた)ものが知識として定着しません。

 

こうなってしまうと、情報メタボです。これでは何のために情報をインプットしているのかがわからなくなってしまいます。

アウトプットを増やす

当たり前の話ですがアウトプットを増やすことで、この状況を抜け出すことはできます。じゃあ、どうやって増やしていくのかが重要になってきます。

インプットする情報を選ぶ

まずは今仕入れている情報をよく吟味して、今自分が必要だと思える情報をしっかりと見極めてインプットしていくことが大事なんじゃないかと。

 

インターネット、スマホの普及でこれだけ情報があふれかえっている今だからこそ、自分に必要な情報をしっかりと見極める必要があります。

 

ぼくも、今知りたい情報は何かということをしっかりと見極めないといけないです。

 

堀江貴文さんの「好きなことだけで生きていく」の中で、この情報の取捨選択についてのヒントが書かれています。

「自分の情報感度を正しく保つためには、信頼できる識者を何人かフォローして、「最低限の常識」、「現時点での定説」を身につけておくことが重要だ」

引用:堀江貴文著 「好きなことだけで生きていく」 間違いなく情報が全て

ぼくも、紹介されていた何人かの方をフォローしています。ただ、情報をインプットしすぎていて、せっかくの良い情報をインプットしきれていないです。

 

まずはここから修正して、情報を取捨選択していきます。

SNSへの投稿頻度を上げる

次の手は、SNSへの投稿を増やすことです。当たり前だと言われそうですが、これができそうに思えてできていない。

 

せっかくプロフィールを最適化してこれから有効活用していこうと思っていたのに、実行が伴っていない・・・

 

アウトプットの裾野を広げてバランスをとっていかないと、せっかく得た情報を自分のものにできない。こんなもったいないことはないです。

 

これからは、アウトプットを多くすることを意識して行動していきます。