【朝活】早朝の活動を半年以上続けて気づいた早起きのコツとは

SPONSORED LINK



いまぼくが朝活でやっている、プログラミングの学習時間を増やしました。早朝にコツコツと学習は続けていたんですが、さらに時間を増やしてプログラミングスキルの向上を目指してます。

朝活について

早朝に活動をすることは、とても有効だってことはもう有名な話ですね。ドーパミンの分泌による集中力アップモードでの学習、セロトニンの分泌による幸せ効果などで、時間をとても有意義に使えるってことですね。

【早起きは三文の徳】早朝にこそ、好きなことをやろう

《「朝活動」の略》始業前の朝の時間を、勉強や趣味などの活動に当てること。平成20年(2008)ごろからの流行語。

引用:goo辞書 「朝活」

さらに眠くなる時間も早くなるんで、睡眠時間の確保にも有効です。単に年とったからかなとも思いますけど・・・

おかげさまで、朝早く起きることについてはそんなに苦労はしてません。昨日までは5時半に起きて活動してましたが、今日から4時50分に起きて、5時から朝活を始めました。

終了時間は、朝7時〜7時半の間になってます。最低2時間は朝活の時間に当てるようにしました。

活動時間を増やした理由ですが、昨日の出来事でモチベーションが上がったからです。

【苦行】我慢の限界はどこにあるんでしょうか

SPONSORED LINK



早起きのコツとは

朝活するために、これだけは絶対しないといけないことは当然「早起き」です。これができないとお話にならないですね。でもいちばん難しいことです。

じゃあどうやって早起きするのかと言いますと、

早寝する

当たり前のことですが、舐めちゃあいけません。夜早い時間に寝ることはとても大事です。ぼくだと、睡眠時間は6時間取るようにしてます。朝の4時台に起きようと思ったら、22時台には寝ないといけないです。この簡単にできそうなことができないんですよね。夜にもやりたいことありますからね。

でも、半年続けるとこのサイクルが当たり前になってきて、少しくらい遅く寝ても朝普通に起きられようになります。早く寝ることを心がけることが早起きするための第1歩です。

モチベーションを持ち続ける

要は、やる気をどれだけ持ち続けることができるかってことです。朝活の目的は人によって違いますし、始めた動機も違うのは当たり前です。でも、モチベーションを保つ、上げることはとても重要です。

ぼくみたいに、次の道を目指すためにプログラミングを学習するとか、仕事が始まったら読書する時間がないから朝活で読むなど、しっかりとした目標を持って、やり遂げるっていうモチベーションをどうやって持ち続けるかですね。

ぼくは、昨日モチベーションが超アップする出来事がありましたが、目標以外のやる気がでる要素を探すのも大事です。そうやってモチベーションを保つことができれば、早起きなんて当たり前にできるようになりますよ。


半年朝活を続けて気づいた早起きをするために必要なことは、「早寝」と「モチベーション」の2つです。簡単じゃん、当たり前じゃんと侮ることなかれ。この基本ができないと、続かないですよ。

みなさんも、このことを忘れずに良い朝活ライフを送りましょう。

earlymorning

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です