【超初心者用】仮想通貨取引所の特徴をわかりやすく紹介します

SPONSERD RINK




駆け出しブロガーのかずっちゃ(kazutcha01)です。

 

仮想通貨は、どんどん盛り上がりを見せています。これから仮想通貨で投資を始めようという人もまだまだいるんじゃないでしょうか?

 

みなさんは、もう仮想通貨投資を始めていますか? それともまだでしょうか?

 

まだと答えたみなさん、まだまだ遅くはないです。

 

遅いと考えて投資をためらっているのであれば、すぐに始めるべきだと思います。

 

今回はこれから仮想通貨取引を始めるみなさんに、国内で有名な仮想通貨取引所ご紹介します。

まだまだ遅くない

 

はじめに、まだまだ仮想通貨取引を始めるのは遅くはないよって言いました。

 

それは、この2017年が「仮想通貨元年」って呼ばれているように、仮想通貨自体がまだまだこれからのモノだからです。

 

すでに成熟しているようなイメージを持ちがちですが、実際はこれから世間に普及してくモノです。

 

参考  → 仮想通貨元年である2017年の振り返りと2018年の予測

 

そんなわけで、まだまだ遅くもなんともないわけです。

 

仮想通貨投資や資産運用で仮想通貨を使おうと考えている人は、始めてみてはいかかでしょう?

 

 

仮想通貨取引所へ登録

 

 

そもそも仮想通貨での取引を始めるためには、仮想通貨が買える「販売所」と取引ができる「取引所」への登録が必要になってきます。

 

国内で「販売所」「取引所」両者の機能を持っている取引所で有名な取引所は、

 

  • bitFlyer
  • Coincheck
  • Zaif

 

この3つの取引所のいづれかに、国内の仮想通貨を扱っているユーザーのほとんどが登録しています。ちなみにぼくは、CoincheckとZaifに登録しています。

 

 

bitFlyer

bitFlyer

bitFlyer(ビットフライヤー)は、国内のビットコイン取引量がNo.1です(2017年2月時点)。ユーザー数も100万人を超えているという大手です。でも、ぼくは利用していないんで、上手に説明ができませんが、取引可能通貨は6種類です。

 

取引アカウントにランク制が設けられていて、アカウントに応じて取引できる仮想通貨の数が変わってきます。

 

ビットコインの売買だけでなく、もらったり増やしたりするサービスも多いです。(取引所が持っている資本金も1位!)

 

単純な取引だけじゃなく、仮想通貨を扱うことで付加価値を与えることができるのが特徴ですね。

 

公式ホームページ →→ bitFlyer

 

Coincheck

Coincheck

Coincheck(コインチェック)もユーザー数が多く、取引量も多いんですが、Coincheckの特徴と言えば、取引可能な仮想通貨の種類が多いことです(13通貨)。

 

また、取引所のユーザーインターフェースも優れていて、Web版・アプリ版どちらをとってもかなり使いやすいです。

 

仮想通貨を取引する「取引所」と、買った仮想通貨を保管しておく「ウォレット」が明確に分かれていて、小難しい用語も使われておらず、とても使いやすいです。(特に仮想通貨のチャートは見やすい!)

 

先日からTVCMも始まりました。出演は、出川哲郎さんです。とてもユニークなキャスティングだと思います。

 

開設はこちらから →→ 簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

▼▼ Coincheckの登録方法です ▼▼

 

Zaif

Zaif

Zaifですが、ここ数ヶ月でかなり利用者が増えている取引所です。

 

お笑いタレントのかまいたちさんを起用したCMがYouTubeで見れるようになっています。これを機にZaifへの登録者も増えるんじゃないでしょうか。

特徴としては、「日本円と仮想通貨」・「仮想通貨同士」での取引ができることです。

 

仮想通貨の中でも「アルトコイン」と呼ばれる仮想通貨の取引できる数が多いことです。

 

アルトコイン
アルトコインとは、一般的にビットコイン以外の仮想通貨のことを指して呼びます。  

 

また、トークンと呼ばれる仮想通貨の取引も可能です。

トークン
トークンとは、ビットコインのブロックチェーン上で発行した独自コインのことを指して呼びます。 

 

何と言っても、Zaifの最大の特徴といえば「Zaif積立」です。

 

これはよくある積立投資と同じ考えで、ドルコスト平均法による毎月一定額を仮想通貨に積立てるシステムのことです。

 

ドルコスト平均法
ドルコスト平均法とは、価格が変動するものに対して、定期的に定額を投資して平均買付金額を引き下げる手法のこと。 
ぼくも、今月からZaif積立を始めます。

開設はこちらから →→ Zaif

 

いかがだったでしょう。それぞれに特徴があって、どの取引所にしようかと迷うところですが、どの取引所でも目的は仮想通貨の取引です。登録をしないことには取引自体ができません。

 

まずは、取引所に登録をしましょう。全てはそこからです。この記事がみなさんの参考になれば幸いです。

 

exchangea

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です