”スキルアップ”しよう

本からの情報収集で効率が良い方法は、皆やったことがあるよ

bookinfo

かずっちゃ(@kazutcha01)です。

 

自分が知りたい情報を集める手段はいろいろありますが、今回は「本」からの情報の集め方について、ホントこれから本から情報をインプットしたい方への参考になる方法に気づいたんで、紹介したいと思います。

 

その方法っていうのが、意外にみなさんも1回はやったことがあるんじゃないかなっていう内容です。

本を「読む」だけの読書

ブログを書くためにおすすめと評判のあるいろいろな本を読んでいますが、とにかくぼくはブログを書くために本を「読んで」いるだけでした。

 

いざ書評を書こうと思ってブログを書き始めるんですが、なかなか手が進まないっていうことが多かったです。

 

そのたびに、書評を書こうとしている本を片手に何回も読み直したりして書くということが続いてました。

 

その結果、とても書評を書くために使った時間がとても多かったんです。正直、1つの書評を書くのに2時間かかるってこともありました。

 

本を読む目的が、「情報をインプットしてアウトプットする」から、「本をとにかく読んで紹介する」にすり替わっていました。

 

つまり、ただ「読む」だけじゃあ、本に詰まっている情報が頭に入ってくることはまず無いです。インプットができていないのにアウトプットがまともにできるはずもありません。

 

本から情報を上手に集める方法

じゃあ、どうやったら本の情報を効率よくインプットできる方法に気づけたかというと、この本に書いてあった方法がぼくがよくやっていた「本」から情報を集める方法そのものが書いてあったからです。

 

この本に書いてあった方法が何かっていうと、ザクッと説明するとこんな感じになります。

  1. 本を読んで、気になったところに折り目をつける
  2. 折り目をつけた気になったところを読み直す
  3. 読み直して、大事だなって思ったところをマーキングする
  4. これは覚えないといけないと感じたら、ノートに書く

でも、これってみなさんどこかでやったことがありませんか?

歴史の教科書覚えるために使った方法だ

 

ぼくは、こう言っちゃあ何ですが世界史がホント得意でした。もともと歴史好きっていうのもありますが、史学のように記憶力を使う科目は得意でした。

 

この「本から情報を集める方法」は、みなさんも1回は経験したことがある方法なんです。そのことに気づいちゃえばなんてことはない、ぼくの得意とする方法じゃないか!

 

さっそく試してみたところ、(このブログを書くために試してます。)本に書いてあった内容が頭にしっかりと残っていてホントにスラスラ書けてます。

 

残ってなくても、本をさっと見直せば大事なところはしっかりとマーキングしてあるんで、記憶の引き出しから簡単に情報を取り出すことができます。

 

「本」から情報をインプットしてブログでアウトプットするっていうことは、ブログを書いている人にとっては日常のことですが、より効率の良い方法を知りたいっていう、ぼくレベルの駆け出しのブロガーさんにとって手助けの1つになればと思って紹介しました。