【オススメ】コツコツ取り組んだ結果、ハマり続けれる

SPONSORED LINK



みなさんは、何かに取り組んでいるときにどのような取り組み方をしていますか?

短期集中で一気に進めるタイプ、なんとなく空いている時間に進めるタイプなど、いろんなやり方があると思いますが、ぼくは、毎日コツコツと続けて進めていきます。このコツコツ進める方法のメリットについてお話しします。

 

コツコツやることのメリット

この何かに取り組むときに、コツコツと進めていく方法ですが、かなりのメリットがあります。

ハマれる

何かに取り組んでいるってことは、その取り組んでいることに対して興味を持っているからやっているわけじゃないですか。つまり、ハマっていることじゃないですか。

一気にやるっていうのも手ですが、コツコツと毎日少しでも続けた方が確実にハマれます。

毎日やる時間がたとえ15分とかでもいいんです。毎日続けることによって、「ああ、今日もできたな」っていう小さな成功体験を味わうことができます。

この成功体験を毎日味わうことによって、より長くハマり続けることができます。一度試してみてください。

記憶の定着がしやすい

これも、実際にぼくがこどものころにやっていた方法なんですが、毎日コツコツと取り組むことで記憶の定着がかなりしやすくなります。

実際、情報を短期記憶から長期記憶へ定着させるには、繰り返して覚えることが一番定着しやすいです。

今日覚えたことを次の日に確認する、次に確認するときは1週間後など、少しづつ間隔をあけていく方法です。

間隔反復法(Wikipedia)


いまぼくがハマっていることは、毎日続けています。

プログラミングサービス、Progate(プロゲート)がわかりやすい

ホリエモン著書「多動力」読了後に実践していること

ぼくは、小さい頃からコツコツと何かをすることが大好きで、プログラミングなどのコツコツやっていくタイプのことは本当に好きなんです。あと、本を読むことに関しても毎日コツコツと読んでいきます。20ページくらいを毎日読み続けることが多いです。

とにかく毎日何かをコツコツと続けることが、ハマっていることを長く続けることができる秘訣です。

記憶力の向上については、色々な本が出ていますが、この本などは記憶力の向上=時間の節約を基軸にやかりやすくまとめてあるんじゃないでしょうか。

 

kotsukotsu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です