【超初心者用】仮想通貨取引所、Coincheckの登録方法は簡単。

SPONSORED LINK



駆け出しブロガーのかずっちゃ(kazutcha01)です。

 

いま、何かと話題になっているビットコインやイーサリアムを代表とする仮想通貨はみなさんご存知ですね。

 

その仮想通貨を使って、資産運用などをするためには、まずは仮想通貨を販売している「販売所」へ登録することから始めましょう。そして、その仮想通貨を「取引」するためには「取引所」への登録もしないといけません。

 

つまり、「販売所」と「取引所」両方を兼ね備えた取引所への登録が仮想通貨投資の第1歩です。

 

ぼくは「Coincheck(コインチェック)」を選択しました。

 

Coincheck を選んだ理由

 

いろいろある仮想通貨取引所の中からCoincheckを選んだ理由ですが、Coincheckの共同創業者でもある大塚雄介さんの著書「いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン」を読んだからです。

 

もともと仮想通貨には興味を持っていたんですが、この本を読んですぐに登録手続きを始めました。少し時期としては遅いかもしれないですが、単純にやってみたいと思ったし将来への投資と考えて登録しました。

 

 

ちなみにこの本ですが、本当に基本からビットコインの説明を丁寧に解説しています。また、他の仮想通貨の説明やビットコインの取引などに使われている技術「ブロックチェーン」もとてもわかりやすく解説しています。

 

これから仮想通貨を触ってみようという方にとってはとても良い本だと思います。ぼくも本当にこの本を読むことで、仮想通貨のシステムやフィンテックの将来について学ぶことができました。

 

 Coincheckの登録方法

 

CoincheckのCMが始まりました。出演はタレントの出川哲郎さんです。

 

取引をCoinCheckで始めるのはどうして?と聞いても最後まで答えない内容で、結局は自分で調べないとわからないという結末です。

なかなか面白いCMだと思います。


 

Coincheckへの登録方法についてですが、みなさんが思っている以上に簡単です。あとで説明しますが、本人確認の方法が本人確認書類と一緒に自撮りっていうのがぼくにとってはじめての経験だったんで、ちょっと新鮮でした。

 

登録するメールアドレスとパスワードを設定

 

Coincheckホームページにアクセスすると、Facebookアカウントで登録するか、メールアドレスで登録するかの2パターンが選べます。今回はメールアドレスでの登録方法で進めていきます。

 

登録はこちらから →→  簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

 

新規登録画面

新規登録画面

 

利用するにあたって個人なのか法人なのかを聞かれますんで、選んでください。

 

新規登録画面その2

新規登録画面その2(新規登録をクリックした場合はこちらです)

 

電話番号認証

 

次に電話番号の認証画面に進みます。ここでは認証用の電話番号を入力しますが、認証コードはSMS経由で送られてくるんで、SMSが利用できる電話番号で認証をしてください。

 

電話番号認証画面

電話番号認証画面

 

本人確認

 

住所氏名など、必要事項を入力した後に本人を証明するもの(免許証、保険証、パスポートなど)と一緒にセルフィー(自撮り)を添付(容量は30M以内だったと思います)してCoincheckに送信します。

 

本人確認登録画面

本人確認登録画面

 


 

ここまで終了したら、あとはCoincheck側で本人確認をすることになります。

 

本人確認が終了したら、確認完了メールが届きます。そして、本人確認するため最後の手順が待ってます。それは「ハガキを待つ」ことです。ハガキが登録した住所に届いた時点で本人確認が完全に完了したことになります。

 

これで取引所など全ての機能を使うことができます。

 

本人確認完了後の流れ

本人確認完了後の流れ

 

ぼく宛てのハガキは今日届きました。何か認証作業があるのかと思いきや、何もありませんでした。

 

coincheckからのハガキ

coincheckからのハガキ

 

やっと仮想通貨の取引を行うことができます。投機的要素が強い仮想通貨ですが、長期保有を前提として運用していくつもりです。

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

注意
仮想通貨等の取引は自己責任でお願いします。 
coincheck

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です