【失敗談】睡眠不足でパフォーマンスのガタ落ちを実践しました

SPONSORED LINK



先日の仕事が深夜までかかってしまい、睡眠時間が3時間弱しかとることができないっていうことを経験しました。これほどの睡眠時間の短さを経験したのは、10年以上ないんじゃないかな。ホントに次の日のパフォーマンスは最悪でした。

睡眠時間はしっかりとる

睡眠時間はしっかりとらないといけないっていう理由は、少し前にブログにも書きましたが、

【多動力より】多くの睡眠時間とストレスのない生活を送ろう

睡眠をとりたくてもとれないっていうのがストレスになりますし、何より自分の行動全てのパフォーマンスがガタ落ちします。

何があった?

じゃあ、帰りが遅くなっても起きる時間を遅くすれば睡眠時間とれるって声も聞こえてきそうですが、その日は半年前から予定を入れてあったキャンプが潰れてしまった代わりとして、プールに出かけることになってました。

久しぶりにはなの湖オートキャンプ場へ行きます。In岐阜

キャンプがまさかの中止。こんな時こそ多動力を生かそう。

おそらく8月8日(火)なら台風一過だからプールは行けるよねってキャンプへ行く予定だった家族間でまとまっていたんで、行くことは確定してました。

で、プールに行って1回子供たちと泳いだまではよかったんですが、そのあとがもうグダグダで、あげくのはてには昼食後に寝てしまいました。プール入ったのは1回、子供たちと遊んだのも1回。何のために行ったのかもはやわかりませんでした。

あげた成果といえば、スマホでブログを書き切ったことぐらいです。

ブログの毎日更新がストップしてわかったこと

それ以外はなにも成果のない1日でした。

仕事だったらもっと悲惨だった

今回は休みだったんでグダグダな1日で済んだんですが、これが次の日が仕事だったらもっと悲惨なことになってたのが簡単に想像できます。

  • 仕事に集中できない
  • 誤字脱字の嵐
  • 受け答えなどが適当になる
  • 眠い

ネガティブなことがどれだけでも浮かんできます。睡眠不足は百害あって一利なしっていうのを身をもって体験しました。

結論

本当に睡眠不足は自分にとって何も残さないです。それどころが悪影響を与えまくります。今回しっかりとそのことを体験できたからはっきりと言えます。

「睡眠は確実に7時間はとろう」

じゃないと、間違いなく悲惨な目にあいますよ。次の日にたくさん寝れば大丈夫だって思うでしょうが、疲れはそれだけ寝ても取れないですよ。このブログを書いている今も疲れ方がハンパないです。

「睡眠時間を削ってまで働いたところで、パフォーマンスが落ちるだけでロクなことはない。」

「睡眠こそ人生を充実させるための最優先事項である」

引用:「多動力」 堀江貴文著 「仕事の質は睡眠で決まる」

そもそも、睡眠時間を減らさないといけないような状況が異常と言えば異常なんですが・・・

shortsleep

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です