【必須】行動力を上げるために欠かせないものはノリの良さ

SPONSORED LINK



なにかを始めようとか、行ってみたいところがあるとか、みなさんそれぞれなにか行動を起こしたいことって普通にありますよね。

そのような時に必要になるのが行動力です。そのやりたいことを実行するための行動力を高めるために必要なものというか、欠かせないものが1つあります。それは「ノリの良さ」です。

ノリで決めた幹事

1ヶ月ほど前に、高校の同窓会がありました。その同窓会っていうのが第1期生から集まる全体同窓会で、規模の大きなイベントのようなものです。その同窓会の幹事をぼくたちの学年が担当したんです。

その幹事会のメンバーにぼくも加わっていました。でも、もともとぼくは幹事会のメンバーではありませんでした。一度同窓生が集まったプチ同窓会が会ったときに、幹事会のメンバーに今の時代SNSを使って告知をしたり連絡取らないとって話をしてたら、後日SNS担当をお願いできないかって言われました。

大変そうだから断るっていう選択肢も一瞬頭によぎったんですが、そのときに「おもしろそう」っていう気持ちの方が大きくて、即決で引き受けました。

そのあとは、協賛金集めや全国へ散らばった同級生への告知や情報提供など、運営側の一員として同窓会の成功に一役買いました。

SPONSORED LINK



成功体験

ノリで決めた同窓会の幹事ですが、成功体験の宝庫でした。ホントおもしろかったです。

幹事会

幹事会

幹事会で決めた目標などが、幹事会の回数を重ねるごとに達成していくのがとても楽しく、これが成功体験なんだっていうのが実感できました。

こういう経験ができたのも、ノリの良さが理由だっていうのを今更ながら気づきました。

行動力を上げるために必要なもの

行動するための力をつけるために必要なものは、「ノリの良さ」に勝るものはないです。この同窓会の後日譚として、東京に住んでいる同窓生がこれまたノリで作った「東京組」が動き出したみたいです。ぼくら地元組も負けてられないなって昨日メンバーで語ってました。

何歳になってもノリの良さっていうものは持ってないといけないです。ノリの良さが会って初めて行動する力がついてくるっていうのを身をもって体験したぼくがいうんだから間違いないです。

堀江貴文さんの著書「ゼロ」からの引用です。

小さな成功体験の前には、小さなチャレンジがある。そして小さなチャレンジとは、「ノリのよさ」から生まれる。ノリの悪い人は、人生の波にも乗れない。もちろん血肉となるような経験も得られず、自信にもつながっていかない。シンプルに考えればいい。すべては「ノリのよさ」からはじまるのだ。

引用:「ゼロ」 堀江貴文著 「挑戦を支えるノリのよさ」

「ノリの良さ」が行動する力を高めます。ノリを良くすることはそんなに難しいことじゃないです。みなさんも身近なことでノリ良く行動してみることをしてみてはどうでしょうか。

堀江貴文さんの著書「ゼロ」を読んで思ったこと

SPONSORED LINK
behavior

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です