Twitter運営

苦手でもできる。Twitterで信用を積み重ねるたった1つの方法

Twitterが苦手でも信用を得ることはできる

かずっちゃ(@kazutcha01)です。公務員辞めてフリーランス兼複業家として、毎日がんばっています。

この記事でわかること
  • Twitterが苦手でも信用を積み重ねる方法
  • 続けることの大切さ

Twitterを頑張ろうとしているけど、いまいち自分の発信することに自信が持てない。

「この内容は有益なんだろうか?」
「こんなこと発信しても大丈夫なんかな?」

なんて発信することそのものに悩んでいるあなた。

大丈夫です。ぼくも自信のなさの塊みたいなものでした。それでも、本格的に初めて半年でフォロワー2,000人にたどり着きました。

しかも42歳。発信することが苦手な世代です。

それでも、たった1つのことを続けてきてこんなに多くの方に信用してもらえました。

なので、苦手だからといって諦めるのは早い。

あなたにしかない武器を使って発信を続けていきましょう。

この記事では、Twitterが苦手なあなたに克服してほしいこと、何を基に発信していけばいいかについてできるだけ詳しく解説しています。

もし、あなたがTwitterが苦手と感じていない、発信の方向性が決まっているという方にとっては必要ない情報です。このまま戻っていただいても大丈夫です。

もし興味があるのなら、このまま読み進めてもらえると嬉しいです。

Twitterが苦手だからこそ、経験からでたことを発信し続ける

Twitterが苦手だからこそ経験を発信する

Twitterが苦手だからこそ、あなた自身の経験からでた言葉を1人に対して発信し続けよう

それがTwitterで信頼を得るためのたった1つの方法です。

僕はTwitterが苦手です。今でもそんなにこの気持ちは変わってない。

有益なこと、エモいことを発信することを続けるのがフォロワーを増やすコツだということは、今となっては誰もが知っていること。

Twitterが苦手だなぁと感じていることはもっと根本的な理由じゃないですか?

役に立つことを届けたいんだけど、自信がない。良いことを発信しようと思うあまりツイートが浮かばなくなってくる。

そりゃそうですよね。だってあなたが経験したことが無いようなことを発信しようとしているから。

自分がよくわかってないことは、そのツイートを見ても伝わりません。

だからこそ、もっと自分が経験してきたことを発信しよう。経験してきたことは何より重く感情がこもって伝わります。

そのほうが相手に響く。

その積み重ねがあなたの信用を増やし、フォロワーの獲得にもつながります。

既出のTwitterノウハウではなくもっと精神面が重要

もっと精神的なことが重要

今やTwitterのフォロワーを増やすための具体的なノウハウは出尽くしている感があります。

でも、Twitterが苦手だと感じているあなたにとっては、それを実践する前にもっと根本的なところを改善する必要があります。

それは精神面です。

  • 有益な情報かどうか自信がない
  • 発信することが思い浮かばない

いちばん大事なこと。そもそもノウハウに沿って発信をしようとしても、肝心なツイート内容に自信がなかったらせっかくの発信が泣きます。


自信のないツイートは、見た相手にも伝わります。

「あ、自信なさそうだな」
「こいつの言ってること大丈夫かな?」

こんなイメージで相手に捉えられちゃいます。これじゃ、せっかく頑張って発信したツイートが意味のないものになっちゃう。

すごくもったいない。

だから、まずあなたに持って欲しいものがあります。

「自信」

自信を持って発信しよう。このメンタルな部分を乗り越えること。

まずあなたにして欲しいことです。

  • 自分の発信する内容に自信をもつ
  • 発信するからには言い切る

あなたの「経験」を発信しよう

あなたの経験を発信しよう

いったいどうやって発信に自信をつければいいんだろう。

答えはたった1つです。

「あなたが経験したこと」

経験したことは実体験。それが良かったのか悪かったのか、誰よりもしっかりと判断できる。しかもそこで感じたことやその後の展開はあなただけのストーリー。

自分でやってきたことなんだから、自信を持って発信できるはず。

経験したことは発信のネタでもあり、武器にもなります。何よりあなた自身に発信するための勇気を与えてくれます。

  1. 仕事
  2. 人生
  3. 趣味
  4. 恋愛・結婚 等

あなたが経験してきたことは確実に発信する上で有益な情報になります。

その経験で得たことを、あなたと同じ状況になっているであろうたった1人に対して発信しよう。

あなたが経験したことを今まさに体験しようとしているたった1人に対して発信する。

これがあなたの経験を誰に対して発信するかの答えです。

  • あなたが実際にした経験を発信する(何を)
  • 同じ状況であろうたった1人に対して発信する(誰に)
あわせて読みたい
今までの経験を発信しよう
【実例あり】発信するネタが無いなんて嘘。経験してきたことをぶっちゃけようブログやツイッターで発信するネタが見つからない。せっかく発信するって決めたのにもう行き詰まった。発信するネタはいくらでもあります。あなた自身の経験は、最高のネタの宝庫です。経験したことを発信する方法がわかれば、どれだけでもネタは浮かんできます。...

Twitterを半年続けて変わったこと

半年経って成長したこと

Twitterを本気で初めて半年。

始めたばかりの頃に比べて、どのように変わったかを振り返ってみました。

はっきり言えば、始めの頃はとにかく発信をすることばかりを考えて、誰に何を届けるかなんて全く考えていません。

自分が何者なのかもはっきりしていない状態で1日3〜5ツイートぐらいしかしていない。

これじゃ全く伸びません。

でも、半年続ける中でこれだけ変わりました。

  • 「誰に」「何を」届けるかが明確
  • 自分は何者かをはっきりさせる
  • タイムラインの露出を増やす
  • 自信を持ったツイート

やってきたことは、ぼくの経験をもとに同じような悩みを持っている1人に対して発信を続けるというたった1つのこと。

あなたが自分の発信内容に自信がないのなら、自分を振り返って経験したことを思い切って発信しよう。そして発信し続けよう。

まとめ:あなた自身を発信しよう。それで信用は積み重なる

Twitterが苦手だと感じているあなた。

いかがだったでしょう?

ぼくもTwitterは苦手です。半年続けた今でも。

それでも、ぼくはTwitterで発信を続けています。それは苦手だからこそ同じように感じているあなたに知ってもらいたかったからです。

原因は有益なツイートにこだわりすぎていることからくる自信のなさ。身の丈を超えているツイートをしようとしていることからくる不安。

そこから脱出するためには、自分の経験してきたことから発信し、それを続けること。

ぼくがTwitterが苦手なあなたにアドバイスすることができるたった1つのこと。

続けることで信用が積み重なります。地に足のついた発信だからこそ信用もしてもらえる。

思ってもいないこと、経験してもいないことを発信してもいつかバレます。

苦手だと感じているあなたのやくに立てたら幸いです。