家族総フリーランス計画

【願い】学校の 宿題 より好きなことを目一杯やってほしい

宿題

夏休みの宿題って本当に必要でしょうか。

 

宿題自由研究はまだ自分の好きなことや興味のあることを題材にできるからまだいいんですが、復習っていう名の暗記作業はホントいかがなものでしょう。

ドリルの繰り返しは意味がない

いわゆる「漢字ドリル」や「計算ドリル」の復習を夏休みにやることって意味あるんですかね。記憶の定着を狙ってるんでしょうが、はっきり言って身につかないですよ。

 

だって夏休みっていう最高の時間にそんな単純作業をしたところで、なんの効果も得られないですよ。だってこどもたちはやりたくないばっかですから。

 

あ、でも勉強を極めたいってことが一番ハマっていることだったら、とことんやってもらった方がいいと思います。それが本人にとってとても重要なことなんですから。

 

学校も「漢字ドリル」や「計算ドリル」をやらせるんじゃなくて、「うんこ漢字ドリル」とかをあえてやってもらった方が子どもたちのモチベーションも上がるんじゃないかな。

 

いつまでも旧時代の制度を引っ張るのもよくないですよ。

自由研究は賛成です

自由研究は、子どもたちが興味あることを自発的に調べたりしてその成果を発表するわけなんで、夏休みでやる自由研究は積極的に子どもたちもやるべきだと思います。

 

夏休みに宿題を出すとしたら、この自由研究だけでいいんじゃないかって思います。いや、ホントに。

夏休みは子どもの自主性を伸ばすべき

さっきも言いましたが、「漢字ドリル」や「計算ドリル」なんて、学校だけで十分じゃないでしょうか。

 

ただでさえ右へならえ人間を作っていこうとしている学校に加え、自由な時間がたくさんある夏休みまで学校の延長みたいな生活をしてたら子どもたちも参っちゃいますよ。

 

せっかく自由な時間が多い夏休みを利用しない手はないです。子どもたちが本当に興味を持っていることハマれそうなことをやってもらうのが一番の思い出になるんじゃないでしょうか。

 

少なくともぼくはそう思います。

 

堀江さんの著書「すべての教育は洗脳である」の第1章を読めばよくわかりますよ。

なぜ学校は恣意的な常識を人に押し付けようとするのか? その常識によってどんな人間を育てようとしているのか?

一言で言えば従順な家畜である。

引用: 「すべての教育は洗脳である」 堀江貴文著 第1章 学校は常識を植え付けるためにある

こんな将来を子どもたちが迎えたくないですよね。 またそんなことを望んでないんじゃないかな。

 

うちの長男さんは、前にも紹介しましたが、プログラミング(Swift)を自由研究にしています。今もコード打ち込んでるところをみてます。

 

今も楽しそうに本を片手にコード打ち込んでます。ホント、せっかくの夏休み。子どもたちの好きなことを目一杯やらせてあげたいです。