”かずっちゃ”って誰だ

公務員辞めてフリーランスになると決めたら、周りの説得が大変だった

かずっちゃ(@kazutcha01)です。公務員辞めてフリーランス兼複業家として、毎日がんばっています。

この記事でわかること
  • 仕事を辞めるとき、周りを説得することがとても大変
  • 説得じゃなく結果を見せるしかない

仕事を辞めるとき、自分の周りにいったいどんなことが起きるんだろう。今まさに仕事を辞めよう、そんな思いを抱いているあなた。

まず起こることは、あなたの身内からの抗議です。実際ぼくは身内の説得にものすごく力を使いました。

結論から言いますが、結果を出さない限り納得はしません。

ただ、1つ言えることは理解者が1人でもいると思い切って前に進めます。

参考までに、ぼくが公務員を辞めたときに起きたことを紹介します。

公務員辞めると決めたら起こったこと

辞めると決めたら起きたこと

ぼくは、辞めるまでの17年間地方公務員を勤めてきました。

これでも真面目に勤めてきたつもりです。

それがいきなり辞めてフリーランスになるっていうから、そりゃあぼくの周りもバタバタするでしょう。

当然、かなりの集中攻撃をあちこちからもらいました。

親からの猛反対

大反対の急先鋒、ぼくの親(母)です。

ぼくの住んでいる田舎だと「公務員=神様」ぐらいのステータスを持っています。例に漏れずぼくの母もそう思っています。(今でも)

今思えばホント、戦争でした。

母には退職願を出したあとでの報告だったので、最終的にはなし崩しで退職まで持っていけました。

今は、本心では納得していないでしょうけど、とりあえずはわかってもらっています。

いま、母には社会の実態がどのようになっていくのかを少しでも理解してもらおうと、この本を読んでもらっています。

体系的にまとめられていて、わかりやすいと思ったからです。

少しずつ、読んでいてくれるみたいです!!

親族からの強烈な抗議

母より強烈な抗議をしてきたのは、母方のいとこでした。

それはもう、マシンガンでめった打ちにされているくらいの集中砲火。父を亡くし、今一人になっている母を思ってのことです。

ぼくが何を言っても聞く耳は持ってもらえませんでした。

納得はしてもらっていないでしょう。

同僚からの引き止め

冒頭でも書きましたが、ぼくは17年間マジメに公務員を勤めてきました。

これでも少しは人望はあったつもりです。

同僚から何度も引き止められました。

最後には、ぼくの新しい道を宴会まで開いて応援してくれました。今でも感謝しています。

説得するのが大変だった理由

説得が大変だった理由

なんでここまで周りが反対するのか。

それは、たった1つの理由です。『収入はどうなるの?』

この1点につきます。そう思う原因はこの3つに集約されます。

  • 『フリーランスの意味がわからない』
  • 『これからどうやって稼いでいくのか』
  • 『子供たちの将来はどうなるの』

世間体がどうとか、周りに迷惑がかかるなんていうのは建前。

どうやってこれから生きていくのか、稼いでいくのかを心配しているんです。

フリーランスの意味をわかってもらえない

ぼくの周りは、今でも1つの会社で定年まで勤める終身雇用が当たり前の感覚です。

公務員なんて言えば超安定職業なので、辞めるなんてとんでもない罰当たりぐらいの感覚が普通。

『フリーランスってなに? どこの会社なの?』

ここから噛み砕いて説明です。イチから説明するのが大変でした・・・

これから必要な経費、子供たちの将来をどうするのか

これが反対理由の全てです。

『あんた、これからどうやって生きていくの?』

『子供たちはどうするの?』

結果を出してから辞めるなら周りも納得するんでしょうが、残念ながら公務員は副業にとんでもなく厳しいです。(今年から緩和の動きが出てきていますが・・・)

運の悪いことに、ぼくの勤めていた役所はSNSの発信も制限がかかるくらい厳しかったんで、ブログを継続して続けることができませんでした。

必死にオンラインのプログラミングスクールで勉強して退職を迎え、落ち着いてから本格的にブログを再開。今に至っています。

家族だけはわかってくれた

家族だけはわかってくれた

そんな中、妻だけはぼくが公務員を辞めることに理解を示してくれました。

当時、小学校6年生、4年生だった息子(2歳の息子はさすがに・・・)にもしっかり伝えました。

『パパ、仕事辞めて新しいこと始めるんだ。』

6年生の長男は察してくれたようでした。

理解してくれた人が妻で本当によかった。それだけでがんばれます。

結果を出すしかない

結果を出すしかない

どんな建前があったとしても結局のところ、結果を出すしかないです。

まだ納得させるだけの結果は出せていません。

これから子供達も成長していき、お金が必要になってきます。さらに家のローンっていう最大の借金を抱えている手前、待ったなしで結果を出し続けるしかありません。

その行き着いた先が周りを納得させることができる場所だと思っています。

2018年6月の結果は、収益10万、ブログ収益7,000円。

まだまだこれから。がんばっていくぞ!!

この記事でわかったこと
  • 辞めるときはかなりの抵抗がある
  • 摩擦は覚悟しないといけない
  • よりどころとなる場所は必要
あわせて読みたい
『やりたいこと100のリスト』を作って自己肯定感を強くしようなぜか自分に自信を持てない、こういうことを書きたいんだけどためらっちゃう。このように自己肯定感が低くなっているあなた。そんな自分を変えてみようと思うなら、『やりたいこと100のリスト』を作ってみよう。自分の思っていることを吐き出し、しかも公開することで自己肯定感を強めるためのリストです。...
あわせて読みたい
公務員を退職
公務員を退職 して今までの人生に別れを告げ、新しい世界へ突然ですが、17年間続けてきた 公務員を退職 して新しい世界へ移ります。誰もができることじゃないと思っていましたが、ぼくも公務員を辞めて新しいことにチャレンジすることを決め、これからの人生を考えると、とてもワクワクしています。後悔もしていません。結局は、自分の気持ち・決断が大事だと思います。...