”かずっちゃ”って誰だ

ずっと支えてくれる妻に感謝しています。最高のパートナーです

妻に感謝を

かずっちゃ(@kazutcha01)です。公務員辞めてフリーランス兼複業家として、毎日がんばっています。

この記事でわかること
  • ぼくがどれだけ妻に感謝をしているか
  • 妻に助けられたこと

ぼくが今こうしてブログを書いているのも妻の支え・応援があってこそ。

感謝してもしきれないくらいです。

結婚してこの記事を書いている時まで17年半一緒にいます。

一緒に生活する中で、大きな出来事がある節目では必ずと言っていいほど支えてもらっています。

「結婚は身動きが取れない」とよく言われますが、全然そんなことはありません。むしろ行動が加速するくらいです。

だからこそ、ぼくがどれだけ妻に支えてもらい応援してもらってここまで来れたのかを少しだけですが紹介します。

ぼくのプロフィールはこちらから。あわせて読んでもらうことで、よりわかってもらえるはずです。

あわせて読みたい
公務員を辞めフリーランスに
41歳で公務員を辞め、フリーランスに。17年の苦悩と自分の心に正直になるまで。41歳で公務員を辞め、フリーランスになりました。公務員時代の17年間は、ひたすら悩み続けた時間でした。小学生から今まで、何度も挫折し乗り越えてきました。その経験があってレールを外れた道を歩き始めています。いま会社に就職するという道を歩くことについて少しでも違和感があるなら、立ち止まってこの記事を読んで見てください。...

妻は最高のパートナー。結婚はむしろ行動を加速させる

妻は最高のパートナー

妻はぼくがくじけそうになったり、大きな決断をしようとしている時にいつも支えてくれ、応援してくれる最高のパートナーです。

感謝してもしきれません。

ブログでのろけなんてやめてくれよ。と思うかもしれませんが、今こうやってブログを書いているのも妻の応援があってこそ。

彼女と出会い、結婚していなければ今のぼくはありません。断言できます。

結婚は全然足かせにはならない


「結婚は足かせになる」

こんな意見を言う人もいますが、ぼくは違います。

結婚は行動を加速させます。

ぼくは結婚してから今まで、節目となるような出来事や決断をすることがありました。

そんな時に必ず相談に乗ってくれ、励まし、叱ってくれたのが妻でした。

1つのことに固執するクセのあるぼくに対して、彼女から全然違った視点からアドバイスをもらったり、純粋な質問をしてくれます。

そして、いつも声がけしてくれることがあります。

「大丈夫、応援するから!!」

この一言がどれだけぼくの助けになってくれたか。

もう一度言います。結婚は足かせなんかじゃありません。

むしろ行動を加速させるブースターです。

妻に助けてもらったエピソード

結婚式結婚式 ※顔出しNGなのでご容赦を

 

妻とは24歳の時に知り合いました。

きっかけは当時でいうコンパ(知ってるかな?)いわゆる飲み会です。

はじめから呼ばれていたわけじゃなく、たまたま男で欠員が出たので呼ばれた代打出場の会でした。

その時、偶然隣に座っていたのが妻。

そこから2年交際して26歳で結婚。今に至ります。


それぞれサクッと紹介していきます。

27歳:無罪を信じてついてきてくれた

結婚して早々に危機がありました。

あまり深くは言えませんんが、同僚にハメられて裁判になりかけたんです。

田舎で地方公務員という立場もあり、離婚を相談したところ


彼女には全くに別れる気はなし。

むしろその後のことも考えてくれる強さを持っていて、落ち込んでいたぼくを逆に励ましてくれました。

「何より信じてる」

この言葉に救われました。

39歳:公務員辞めると決めたとき後押ししてくれた

39歳になり、小さい頃からの夢だった「会社に行かない働き方」をどうしても諦めきれず、公務員を辞めてフリーランスとして働こうと相談をしました。

最初は妻であり3児の母。やはりどうして辞める必要があるのかを聞いてきました。

自分も独立を目指し奮闘している最中だったので、家庭のことが不安になってきたんでしょう。

何回も話はしました。どうしても小さい頃からの夢を実現したいと熱く語りました。最終的には、笑顔で

「応援するよ」

と言ってくれました。ホント嬉しかった。

40歳:辞意を伝え、孤立無援の中味方してくれた

実際に辞めることを役所に伝え、辞めた後のための準備を始めたのはいいんだけど、田舎特有の感覚でもある「安定がいちばん」を理由に親族・職場から総スカンをくらいました。

いろんなことを言われました。

はっきり言って誰も信用できなくなるくらいの言われよう。

そんな中、彼女は味方でいてくれました。もちろん子供たちも。

そのおかげで、今こうしてブログを書けている。

感謝してもしきれないほど支えてもらっています。

妻に感謝してこれからもお互い支え合っていきます

これだけでは思いは伝えきれないですが、長く書きすぎても「いい加減にしろ」と言われかねないんで、このくらいにしておきます。

 

妻はぼくにとって最高のパートナーであり、感謝しきれないくらい支えてもらっています。

彼女は今、美容院を経営しながら併設のコワーキングスペース運営もしています。

今度はぼくが支える番です。

困った時には相談に乗り、そっと背中を押してあげる。違った目線でアドバイスをする。もちろん家事全般も。

これから一生かけて支えてもらったことと同じくらいのことを与えてあげれるかどうかはとても不安です。

でも、そうやってお互い支え合っていけるからこそ最高のパートナーなんだと信じています。

これからもずっと対等でいたい。

そのために高めあえる関係を築いていきます。