地方で副業・複業

【図解】エックスサーバーで WordPressをインストール する方法

かずっちゃ(@kazutcha01)です。公務員辞めてフリーランス兼複業家として、毎日がんばっています。

 

 

WordPressのインストール方法って簡単なの?

 

これからWordPressを使ってブログを運営しようとしているあなた。このような疑問を持っていませんか?

 

答えは、WordPressをインストールする方法は、とても簡単

 

XSERVER(エックスサーバー)でサーバーをレンタルしている場合は、WordPressのインストール機能が標準でついています。

 

この記事では、 エックスサーバーでWordPressをインストール する方法について解説していきます。

 

これから副業・複業でブログを運営していこうと考えている方、無料ブログからWordPressに乗り換えようと考えている方におすすめです。

この記事でわかること
  • エックスサーバーでWordPressをインストールする方法
  • WordPressのサーバー側のセキュリティ設定

エックスサーバーで WordPressをインストール しよう

エックスサーバーで WordPressをインストール しよう

①事前に準備すること

エックスサーバーにWordPressをインストールするには、事前に2つの準備をしておきましょう。

  • 独自ドメインをとる
  • エックスサーバーでサーバーをレンタルする

もう終わっているよ、という方は読み飛ばしてください。

 

WordPressを使うには、独自ドメインをとることサーバーをレンタルするという2つの条件があります。

 

この条件を満たしていないとWordPressは使えません。

 

理由は、WordPressはソフトなので、ただインストールをしても使うことができません。

 

WordPressというソフトを動かすためのサーバーと、インターネット上の住所とも言えるドメインは、無料ブログと違って自分で用意する必要があるんです。

 

ぼくは、独自ドメインは【お名前.com】、サーバーは【エックスサーバー】でレンタルしてWordPressを使っています。

 

使って1年以上経ちますが、アクセス障害やトラブルは無く、まったく問題なく使えています

 

独自ドメインをとるなら、お名前.comがおすすめです。

 

あわせて読みたい
独自ドメイン取るならお名前.com
ブログ運営の第1歩。独自ドメイン取るなら お名前.com がおすすめWordPress(ワードプレス)でブログ運営を始めるなら、独自ドメインを取ることは絶対に必要です。独自ドメインを取るなら お名前.com がおすすめです。ブログ運営を副業・複業として行うなら例え無料ブログであっても独自ドメインは取っておこう。この記事では、お名前.comで独自ドメインを取る方法を解説します。...

お名前.com

 

また、エックスサーバーの申込方法についても紹介します。

 

あわせて読みたい
サーバーをレンタルするならエックスサーバー
WordPressを使うなら エックスサーバー 。申込の方法を解説副業・複業でこれからWordPress(ワードプレス)を使ってブログを運営を始めるなら、サーバーをレンタルするのは必須。レンタルサーバーの中でも速度も速く安定性が高いXserver( エックスサーバー )がおすすめです。この記事では、サーバーを借りる理由と、エックスサーバーの申し込み方法について解説します。...

エックスサーバー

②エックスサーバーのサーバーパネルへログイン

ここから、エックスサーバーにWordPressをインストールの方法を解説します。

 

エックスサーバーの【サーバーパネル】にログインしましょう。

 

ログイン方法は、エックスサーバーの「申し込み完了メール」に書いてある「サーバーID」と「サーバーパスワード」を入力します。

サーバーパネルログイン画面

③「簡単インストール」を選ぶ

サーバーパネルトップページの左下に、「WordPress標準インストール」というリンクがあるので、クリックします。

 

WordPressインストールへ

WordPressをインストールできるドメイン名が表示されるので、使いたいドメイン名を決めて「選択する」をクリックします。

 

ドメイン選択

④必要事項を入力する

簡単インストール画面で、「WordPressのインストール」を選んで、必要事項を入力していきます。

タブ選択

入力する内容は次のとおりです。入力が終わったら、「インストール(確認)」をクリックします。

  1. インストールUPL
  2. ブログ名
  3. ユーザ名
  4. パスワード
  5. メールアドレス
  6. データベース(自動でOK)
必要事項入力

入力の内容が間違いなければ、「インストール(確定)」をクリックして、インストールを始めよう。

WordPressインストール(確定)

⑤インストールされたかどうかを確認しよう

しばらく待つと、WordPressのインストールが完了します。

 

下のような画面が表示されたら、WordPressのインストールは完了です。画面上部のリンクをクリックすると、WordPressのログイン画面にジャンプします。

  • ユーザIDとパスワードは必ずメモなどをとって保管しよう
  • MySQL(データベース)の情報もメモをとって保管しよう。
インストール完了

WordPressログイン画面で、先ほどメモしたユーザ名とパスワードを入力してログインしましょう。

WordPressログイン画面

WordPressの管理画面が表示されたら、WordPressのインストールは無事に終了です。

WordPress管理画面

WordPressのセキュリティ設定をしよう

無事WordPressの設定が終わったでしょうか?

 

このままWordPressを使いたいところですが、もう少し待ってください。エックスサーバー上のセキュリティ設定も同時に済ませておきましょう。

 

ログインやコメントなどのWordPressがインストールしてあるサーバーに対するセキュリティです。

①国外IPアドレスに対する制限

エックスサーバー「サーバーパネル」のトップページから、「WordPressセキュリティ設定」をクリックします。

セキュリティ設定

はじめに、「国外IPアクセス制限設定」を行います。

 

国外IPアドレスからの不正ログインやアクセスを制限するための設定です。

  • ダッシュボードアクセス制限→「ON
  • XML-RPC API アクセス制限→「ON
  • REST API アクセス制限  →「ON

すべて「ON」にしておきましょう。

国内IPアクセス制限 国内IPアクセス制限2

②ログイン試行回数制限

WordPressへのログイン回数の制限をかけます。

 

ログインに何回か失敗したらしばらくの間、ログインができなくなる設定です。

  • ON」にしよう

他人に不正にアクセスされないようしっかりと「ON」にしておこう。

ログイン試行回数制限

③コメント・トラックバック制限設定

多くのスパムコメントは、海外のIPから送られてきます。

 

ぼくも、海外のIPからスパムコメントがどんどん送られてきた経験があります

 

理由は「国外IPアドレスからのコメント・トラックバック制限」が「OFF」になっていたからです。

 

ぼくの苦い経験からこのセキュリティ設定を確実にしておくことをおすすめします。スパムコメントは本当にウザいです。

  • 大量コメント・トラックバック制限→「ON
  • 国外IPアドレスからのコメント・トラックバック制限→「ON
コメント、トラックバック投稿制限

まとめ

この記事でわかったこと
  • エックスサーバーでWordPressをインストールする方法
  • WordPressのサーバー側のセキュリティ設定

エックスサーバーにWordPressをインストールする方法は、とても簡単です。

 

XSERVER(エックスサーバー)でサーバーをレンタルしている場合は、WordPressのインストール機能が標準でついています。

 

インストールした後に、セキュリティ設定をかけることも忘れないでください

 

これでWordPressを使ってブログが運営できます。WordPressを使ってブログを書くのはとても楽しいです。

 

サクッとWordPressをインストールして、ブログを書き始めましょう。

お名前.com

エックスサーバー