【近道】新しいことを始めるなら良いものを真似しよう|かずログ
自分を向上させる方法について

【近道】新しいことを始めるなら良いものを真似しよう

imitation

かずっちゃ(kazutcha01)です。

 

何か新しいことを始めようとするときに、良いと思ったものを真似することが、新しいことを始める1番の近道です。

 

日本って人の真似をするのは良くないっていう風習が誰も言わないんですけど、あるじゃないですか。

 

 

でも、それって他人が思っているだけで、本人からしてみたら真似してでもやりたいことなんだから、別にいいんじゃないですかってぼくは思っちゃいます。

 

 

もちろん、法に触れるようなこと(著作権侵害など)はしちゃいけないですが、いいと思ったことはどんどん真似して取り入れていくべきだと思います。

真似した方が得

しつこく書きますが、自分が良いと思ったことは真似した方が絶対に良いです。なぜかっていうと、真似したいと思った時点で自分がしたいと思うことが、その真似した先にあるのが見えているからです。

 

 

道が見えているのに、あえて脇道にそれて遠回りするなんて変じゃないですか?

 

 

そもそも、真似をすることが恥ずかしいことだなんて誰が決めたんでしょうか? 良いものは良いですし、恥ずかしいことじゃないです。

 

良いものは真似してパクる

ちなみに、ぼくは最近メモをとることがとても大事なことだと思っています。そのメモをとるための「メモ帳」はどんなものがいいかって考えていました。

そんな時に、とてもいい記事を見つけました。

今までぼくが使っていたメモ帳は、モレスキンの手帳と、「captio」というアプリだけ。

 

▼▼ メモ帳について考えています ▼▼

 

でも、これだけじゃあ明らかにどんな状況でもメモをとるには足りないって思って、他に何か良いものはないかなって探していたところでした。

 

そんな中この記事を見つけ、考えるより先にメモ帳を買いに走っていました。小さいメモ帳がなんで必要かっていうと、ふと思いついた時にさっと使うためと、大きいメモ帳を使うのに向いていない場所で使うためです。

 

これも、記事の中で株式会社SHOWROOM代表の前田裕二さんが言っていたことを引用すると

 

TPOに応じて使うツールを変えています。

 

ということでした。ぼくはそんな風に考えることはなかったんで、早速真似しました。

Memocho
あと、デジタルでのメモ帳も探していたんで、Google Keepっていうメモアプリを利用し始めました。

 

これは、スマホとPCの同期ができるメモ帳をぼくがまだ使っていなかったからです。

 

記事を読んでいいと思ったことはすぐに実行しました。これだけで、メモをとることでぼくが悩んでいたツールについては解消しました。

 

ここから、自分が使いやすいように改良していくことで本当に自分のものになるとぼくは信じています。

 

皆さんも、真似することは恥ずかしいっていう思い込みは捨てて思い切って良いと思ったことは真似してみてください。それが自分のしたいことへの近道だと思いますよ。