お名前.comとエックスサーバーの連携

WordPress

【解説】 エックスサーバーでお名前.comのドメイン を使う方法

かずっちゃ(@kazutcha01)です。

ドメインをとったサービスと、サーバーをレンタルしたサービス会社が違っても、ドメインは使えます。

たった少しの設定を済ますだけで利用できます。

ドメインはお名前.comでとったけど、レンタルサーバーはエックスサーバーで借りた場合でも大丈夫。

この設定が完了したら、いよいよWordPressがインストール。

この記事では、 エックスサーバーでお名前.comのドメイン を使う方法について解説します。

(この記事でわかること)
・DNS(ドメイン・ネーム・システム)について
・お名前.comとエックスサーバーの連携方法

エックスサーバーでお名前.comのドメイン が連携できるしくみ

エックスサーバーでお名前.comのドメイン

エックスサーバーとお名前.com

この2つの違うサービスがどうして連携できるのか?

その仕組みについて解説します。

DNS(ドメイン・ネーム・システム)

xserver

ネームサーバーとは、インターネットを使って通信したとき、ドメイン名をIPアドレスに変換する名前解決を行うサーバーです。

ネームサーバーはDNSサーバーと呼ばれます。

・IPアドレス → インターネットにおける住所

このDNSサーバーが、対象になるドメインをどのサーバーで使うのかを決めることになります。

つまり、エックスサーバーのDNSを使うことで他社でとったドメインをエックスサーバー上で使えるようにする。

このDNSの設定をお名前.com側でしてしまえば、エックスサーバーで独自ドメインを使うことができます。これが連携の仕組みです。

設定の方法について

設定の方法

ここからは、実際にエックスサーバーとお名前.comの連携のための設定方法について図を交えてくわしく解説していきます。

エックスサーバーのDNS設定を、お名前.com側に設定することになります。まずはエックスサーバー側のDNSについて解説します。

エックスサーバーのDNSサーバー名

エックスサーバーのDNSサーバー

お名前.com側に設定するDNSサーバーのサーバー名について解説します。

DNSサーバー名を確認するには、エックスサーバーの「サーバーパネル」にログインする必要があります。

サーバーパネルにログインする

エックスサーバーのトップページから、サーバーパネルへログインします。

 

申し込み完了メール」に書いてあったサーバーパネルIDパスワードを入力してログインします。

サーバーパネルログイン画面

ドメイン設定をする

ログイン後に、トップページから「ドメイン設定」をクリックして、ドメイン設定をします。

ドメイン設定へ

ドメイン設定」に移ったら、「ドメイン設定の追加」タブをクリックし、エックスサーバーで使いたいドメイン名を入力します。

 

ドメイン名を入力後、「ドメイン設定の追加(確認)」をクリックして確定します。

ドメイン名は、必ず「.com」や「.net」など最後のトップレベルドメイン名まで入力しましょう。

追加ドメイン名入力

DNSサーバー名を確認する

サーバーパネルのトップページから、「サーバー情報」をクリックして、DNSサーバーの情報を確認します。

サーバー情報へ

サーバー情報の中に、「ネームサーバー1」から「ネームサーバー5」までのDNSサーバー名が載っています。

 

このDNSサーバー名をメモするか、このままページを開いておきましょう。

ネームサーバー1 ns1.xserver.jp
ネームサーバー2 ns2.xserver.jp
ネームサーバー3 ns3.xserver.jp
ネームサーバー4 ns4.xserver.jp
ネームサーバー5 ns5.xserver.jp

 

サーバー情報

または、エックスサーバーに申し込みが終わったときに送られてきたメールにも「DNSサーバー」の情報は載っています。

 

確認してみましょう。

サーバー情報(申込完了メール)

これで、エックスサーバー側の設定と確認は終了です。

お名前.com側の設定

お名前.com側の設定

エックスサーバー側の設定が終わったので、次はお名前.com側でDNSの設定になります。

まずは、お名前.comの「お名前.com Navi」にログインします。

お名前.com Naviにログインする

お名前.comのトップページから、お名前.com Naviへログインします。

お名前.com naviへ

ログイン画面で、ログインIDパスワードを入力してください。

入力後、トップページへ移ります。

お名前.comログイン

エックスサーバーで使いたいドメインを選ぶ

トップページから、「ドメイン」メニューをクリックします。

 

ドメインナビトップ画面

お名前.comでとったドメイン名の中から、エックスサーバーで使いたいドメイン名をクリックします。

ドメイン選択

ネームサーバー設定」画面の下の方、「2.ネームサーバーの選択」で「その他のネームサーバー」をクリックします。

その他のネームサーバー

ネームサーバーの入力画面が出てくるので、エックスサーバー側でメモした「DNSサーバー名」を入力して、「確認」をクリックします。

ネームサーバー入力

以上で、お名前.com側の設定は完了です。

これで、エックスサーバーでお名前.comでとったドメイン名を使うことができます。

まとめ

ドメインをとったサービスと、サーバーをレンタルしたサービス会社が違っても、たった少しの設定を済ますだけで利用できます。

エックスサーバーのDNSサーバー名をお名前.comのドメインに割り当てるだけです。

いよいよ、WordPressをインストールする準備は整いました。

これからブログを始める方、副業・複業でブログを始める方でまだ独自ドメイン、レンタルサーバーを借りていない人は、サクッと申し込みを済ませちゃいましょう。

Xserver

お名前.com

関連記事

  1. ブログの書き方を4ステップで解説

    ブログの始め方

    【初心者向け】最後まで読まれるブログ記事の書き方4ステップ

    かずっちゃ(@kazutcha01)です。ブログ書き始めたのは…

  2. ブログで稼ぐ仕組みについて
  3. 初心者のためのブログの始め方
  4. 記事周りを強化するプラグイン3選

    WordPress

    WordPressで記事執筆を加速するために必要なプラグイン3選

    かずっちゃ(@kazutcha01)です。どんなブログを見ても…

  5. WordPressテーマを変える理由

    WordPress

    WordPressのテーマを変えるときは、自分の何かが変わったとき

    かずっちゃ(@kazutcha01)です。ブログを7ヶ月ぶりに…

  6. ブログを始める時の心構え

    ブログの始め方

    ブログを始める理由を大切に。ブログを書く心構えと基礎知識。

    かずっちゃ(@kazutcha01)です。ブログをこれから始め…

読まれている記事

  1. 初心者のためのブログの始め方
  2. TechAcademyのおすすめコース
  3. キャンプの教本
  4. 地方で転職・副業するならWebエンジニア
  5. 最初に読んでほしい10記事

ゼロにイチを足す方法

  1. 頑張ってきたことは誰かにとって有益

    運営ノウハウ

    ブログやSNSに有益な情報を発信したいなら経験したことを書く
  2. 最初に読んでほしい10記事

    ブログ筆者

    とにかく最初に読んでほしい10記事を紹介
  3. 初心者がWebの歴史について勉強する理由

    スキル習得

    【Webの歴史】プログラミング初心者に、まず読んでほしいおすすめ本
  4. 幅広いニーズに対応したテックキャンプ

    Tech Camp

    テックキャンプは初心者のニーズに対応したおすすめのプログラミングスクール
  5. WordPressテーマを変える理由

    WordPress

    WordPressのテーマを変えるときは、自分の何かが変わったとき
PAGE TOP