面白いと思ったらとりあえずやってみる。じゃないと何も始まらない

SPONSORED LINK



地元のイベントに少しの間ですけど参加してきました。そのイベントですが、「池野ビアステーション2017」っていう今年初めて開催した新規ものです。

このイベントの開催を通じて思ったことは、面白いと思ったらとりあえずやってみるってことが、とても大事なんだってことです。

まずはやってみる

このイベントですが、地元の鉄道が利用客が年々減ってきて、存続が危ぶまれているのを少しでも解消しようってう趣旨で鉄道の利用促進を目的にしたものです。

その鉄道の名は「養老鉄道」です。

駅前のスペースを利用して、地元の飲食店や有志が出店し、駅前で楽しんでもらうっていうものです。目玉は「生ビール」です。もちろん鉄道の利用をしてもらうことが目的なんで、鉄道を利用して下車してもらった人には「生ビール」を1杯無料で提供するっていうサービスも作っていました。

このイベントを企画した人も知っているんで開催前に話していたんですが、今まで試したことのないイベントだったんで、開催にこぎつけるまで色々と問題があったようです。

でも「とにかくやってみよう」、やってみないことには何も始まらないって話をしました。机上で考えてもわからないことばかりじゃないですか。やってみてその中で軌道修正していったほうが効率的ですよね。

イベント会場

イベント会場

SPONSORED LINK



バカ真面目に考えすぎ

イベントをやる前だから慎重になるのはすごくわかります。でも、カチカチに理論武装して臨んでもほとんどその通りにはいかないですよね。

みんなバカ真面目に考えすぎなんですよ。もっとシンプルに楽しそうだからやってみようでいいんじゃないかな。これはぼくにも言えることなんですけど。

嫁さんによく「頭が固い」って言われます。ぼくはそうでもないって思ってるんですけど、嫁さんに言われるってことはそうなんでしょうね。もっと楽しいって思ったことにはシンプルにやります。

「準備にかける時間は無駄である。見切り発車でいい。すぐに始めてしまって、走りながら考えよう」

引用:多動力 堀江貴文著 「見切り発車は成功のもと」

ホリエモン著書「多動力」読了後に実践していること

堀江さんの著書、「多動力」は今のぼくの行動の指針になっています。こういったときはこんな考え方でいこうっていうのが少しづつ身についています。これからも楽しいことはどんどんやっていこう。

try

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です