【絶景】岐阜県のマチュピチュ、天空の茶畑へ行ってきました

SPONSORED LINK



先日のことですが、岐阜のマチュピチュって呼ばれている「天空の茶畑」を見に
息子と行ってきました。 ぼくの家からはけっこう近いんですよ。

天空の茶畑って?

岐阜のなかでも、この天空の茶畑がある岐阜県揖斐川町がある地域は、
西濃地方ってよばれています。

緑と水が豊かな田舎です。

ちなみに場所はこのあたりです。
br/

車で行けば40分くらいなんですが、それじゃあ近所にちょっとドライブするのと
変わらないんで、今回は自転車で行こうって息子と決めました。

普通の自転車では、とてもじゃないけどぼくみたいなサイクリングを全くやったことがない
一般人、 まして小学生の息子では山道を登ることなんてできないんで、

レンタサイクル使ってみました

岐阜県池田町役場から、レンタサイクルして行きました。
このレンタサイクルに使っている自転車は、電動自転車なんで

これなら安心して天空の茶畑まで行けます。
br/

ちなみに、このレンタサイクルは「池田・揖斐川レンタサイクル推進協議会」が
主体になって、「養鉄トレクル」っていう形で運営しています。

詳しくはこちらまで → 養鉄トレクル公式サイト

レンタサイクルのステーションは「道の駅 いけだ」、「池田町役場」、「養老鉄道揖斐駅」
の3箇所にあります。本当は道の駅から出発したかったんですが、
予約でいっぱいでした・・・ 残念。景色がきれいなのに。

そんなわけで早速出発です。

行く途中のことですが、道のりはとてもわかりやすいんですが、どうやらサイクリングで
行く道をまちがえたらしく、道路の勾配がえげつない道にたどりついてしまい、
自転車を引いて登る羽目になりました。

ぼくひとりならなんとかなったんですが、小学5年生の息子と一緒だったんで
2台分引いていきました。これがほんとうにしんどかった・・・
道さえまちがえなければ、

自転車で1時間くらいかかりましたが、天空の茶畑に無事到着しました。

やっとの思いで到着したんですが、じつはここから遊歩道っていう名の山道を
登ることになりました。

AコースとBコースがあって、Bコースが近道ではあるんですが坂がきついコースでした。
息子の要望でBコースにしたんですが、なめてました。
足がパンパンに張ってしまいました。
↑ コース案内の看板 コースの選択は慎重に・・・

やっとの思いで絶景ポイントなる場所に到着。
ふと景色を眺めてみると

絶景でした。

これは、ホントに見る価値はある風景です。他にもさざれ石や烏帽子岩など観るポイントもありました。みなさんもぜひ機会があったら行ってみてください。

ちなみに、嫁さんと三男はでご到着でした。

(2017.7.15追記)

天空の茶畑の写真コンテストをInstagramで開催していたんで応募したところ、嬉しいことに賞をいただきました。


商品は、茶畑だけあってお茶の葉(新茶)でした。四方山に囲まれた場所にあるんで、季節ごとで見える景色が変わるんで、四季ごとに見にいくのも乙ですね。

この近くに、棚田の景色がきれいに取れるスポットもあるんで時間ができたら撮りに行ってきます。

SPONSORED LINK
tenku

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です