息子の夏休みの自由研究が、「Swiftでアプリを作る」です

SPONSORED LINK



今年、六年生になった長男の夏休みの自由研究の作品がなんとプログラミングの勉強でした。「Swift」を使ってアプリを作ることを目標にしていました。

プログラミングに興味を持った理由

息子がプログラミングに興味を持ったのは、ゲームが好きなところからです。ゲーム好きになったのはぼくの影響をまともに受けたからですが、ただゲームをやるだけじゃなくて、自分でも作ってみたいっていう気持ちが出てきたって言ってました。

その話を息子から聞いたときは、ちょうどぼくもProgateでプログラミングを学習しているんで、ぼくも刺激を受けモチベーションがアップしました。

【まとめ】今までのProgateで勉強したことをまとめてみました

【解説】Progate道場コースの学習方法について

Swiftってなに?

プログラミング言語の一種ですが、どんな言語なの? っていうことですが、Appleが開発したiOS向けのアプリ開発に適したプログラミング言語です。

直感的にコードを書くことができるのが売りの言語です。

iOS、Mac、Apple TV、Apple Watch向けのアプリケーションを開発するためにAppleが作った、
強固で直感的なプログラミング言語。それがSwiftです。デベロッパのみなさんに、かつてないほどの
自由を届けられるように設計されています。Swiftは簡単に使えて、しかもオープンソースなので、
アイデアがある人なら誰でも、画期的なアプリケーションを作ることができます。

引用:Appleホームページ Swift

 

なんで選んだ言語がSwiftだったかっていうと、「アプリが作れて面白そうだったから」

っていうなんとも単純な答えが返ってきました。素直に興味を持てるっていうのはすごいですね。

Tech Kidsでの経験

長男のプログラミング言語経験はこの夏休みの研究が初めてじゃなく、5年生の時には Tech KidsのWebアプリコースに通っていたんで他のプログラミング言語にも入りやすい環境は整っていたっていうのもあります。

通っていた当時、家に帰ってきた時にとても楽しそうに授業のことを話してくれたんで、面白かったんかなって思います。プログラミングに興味を持っているお子さんがいる方はご検討してみてはどうでしょうか。

ちなみに、Tech Kidsの運営主体は、株式会社サイバーエージェントです。(Amebaって言えばわかりますよね)

Tech Kids公式

どんな教材を使うか?

Swiftを勉強するのはいいけど、どんな教材を使えばいいんかなって悩みました。このご時世、いろんな本があるじゃないですか。その中で何を選べばいいのかっていうのは、ググってもなかなか判断に迷います。

結局、どの教材を選んだかっていうと

これにしました。初めてプログラミングを学習する訳でもないですし、わかりやすく図解で解説している箇所も多いんで、ちょうどいいかなっていう判断です。

この本の通り進めていけば、簡単なアプリが作成できるようになっています。Swiftの初学者向けのいい本だと感じました。


息子もやる気になっているんで、ぼくも頑張ってプログラミングの勉強を続けていきます。一緒にプログラミングについて語れるっていいですよね。

swift

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です