【驚き】実家からスーファミなど懐かしのゲーム機が・・・

SPONSORED LINK



ミニスーパーファミコンのニュースから意外な展開に。

いやー、驚きました。実家から懐かしのゲーム機が出てきました。僕の実家は今住んでるところから近いんですが、その実家に住んでいる母親が物持ちがよく、なかなか古いものを捨てることができない性格なんです。

ぼくは子供のころ、ゲームが大好きでした。今でも大好きです。油断していると徹夜してしまうくらいです。それこそファミコンが世にでる前のゲーム機のゲームから始めています。だから、かなりの年季が入ってます。

ミニスーパーファミコンが発売される

今日のニュースチェックをしているとき、こんな記事を見つけました。

この記事を見て、「そういえば実家にスーファミあったよね。まだ残ってるかな?」って思ったんで、即実家へ探しに行きました。

ちなみにこのミニスーパーファミコン、本体内に21タイトルのゲームが収録されていて、F-ZEROをはじめゼルダ、マリオカート、星のカービィなどの名作がしっかりと遊べます。値段も7,980円とお手頃じゃあないでしょうか。

テレビへの接続はHDMI接続で行い、電源供給はUSBで行う模様。

驚きの品揃え

スーパーファミコン

これがまた本当に残ってました、スーファミ。マジで驚きました。保存状態も良く、まだまだテレビに繋げれば使えそうでした。今のテレビに合う端子を探さないと・・・

superfamikon

スーパーファミコン

スーファミ用ソフト

ちなみに、ソフトはクロノトリガー、FF6、パワプロが残ってました。まだまだ宝探しをすれば出てきそうだったんで、時間ができたら探してみます。目標は「聖剣伝説2」です。

ニンテンドー64

64も出てきました。ホント大学生のときお世話になりました。パワプロ、スト2、マリオカートなど対戦ゲームばかりやってました。

nintendo64

ニンテンドー64

カセットビジョン

これ、知らない人多いんじゃないでしょうか? なんと、1981年に発売されたゲーム機です。ファミコンが発売される前に出ていたゲーム機です。おそらくいとこが譲ってくれたんじゃないかって思ってます。当時、何が面白いかわからずに、インベーダーゲームをやってました。

カセットビジョンは、エポック社が1981年7月30日に発売したカセット式の家庭用ゲーム機。ファミリーコンピュータ(ファミコン)が登場するまでの2年間に日本で最も売れた家庭用ゲームハードである。それまでのゲーム機の中では群を抜く40万台[1][2]から45万台[3][4][5]を売り上げ、1983年9月時点では日本で一番売れていると評されていた[6]

引用:Wikipedia カセットビジョン

今ではレアアイテムなんでしょうか?かなり良い保存状態で残ってます。

カセットビジョン

カセットビジョン


実は、本命の初代ファミコンも実家にあるはずなんですが、今回の探索では発見できませんでした。必ず聖剣伝説2と一緒に見つけ出します。

物持ちがいいってことは、ホントすごいですね。お宝鑑定とかしてもらおうかな。

superfamikon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です