スマホが近くにあると仕事の効率って悪くなる?

SPONSORED LINK



スマートフォンが自分の近くにあって、仕事の効率が悪くなったり集中力が切れたりすることってありますか?

机でPCを使って資料を作っているときに、机の上に置いてあるスマホにメールやLINEの着信があったりすることはよくあることだと思います。

先日NewsPicksで見つけた記事に、こんな記事がありました。

「スマホがそこにあるだけ」で無意識のうちに脳のパワーが消費され勉強や仕事のパフォーマンスが落ちてしまうことが判明

アメリカの大学の実験で、スマートフォンが自分の近くにあるだけでどのような影響を与えるのかを調査して、

その結果が、スマホが近くにあるだけで脳の認知能力がスマホに行ってしまい、仕事や勉強のパフォーマンスに影響を与えてしまうっていう内容でした。

実際に実験してみました

ちょうど今日は研修の日だったんで、実際どうなんだろうって実験してみました。

講義と演習がちょうど半分くらいの割合の実験するにはちょうどいい研修内容でした。スマホの状態は

  • スマホの電源はオン
  • 表向きでぼくの手が届いて、視界に入る位置におく
  • マナーモードで振動あり

といった状態でした。さっそく実験の結果をおしらせします。

講義のとき

講義のときはどうだったかっていうと、スマホにはメールなどのお知らせがバンバン入ってきていました。当然チェックもしますし、そもそも講義の内容で疑問に思ったことがあったら普通に手にとってその内容を調べるためにむしろ積極的にスマホを使ってました。別に講師の方の話を聞いてなかった、聞き漏らしたって言うことも特にありませんでした。むしろスマホありがとうでした。

演習のとき

演習のときは、計算がメインだったんでスマホを気にしている時間はほとんどありませんでした。頭を休めるためにスマホをチェックすることはしました。その状態がちょうど頭を休めるブレイクタイムになりました。

結論

スマホがあっても使い方次第

結果から、って言うかむしろ当たり前のことなんですけど、スマホが近くにあったとしても要は使い方、考え方ひとつで作業効率の低下どころか作業進行の大きな助けになりました。確かに集中力が切れるって言えば切れるんでしょうが、スマホがあってもなくても人の集中って続かないじゃないですか。

ホントに使い方次第です。

効率よく仕事をする方法の1つに、「エッセンシャル思考」があります。参考までにどうぞ

何が重要かを自分で「選択」できる、エッセンシャル思考

SPONSORED LINK
smartphone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です