子供のころハマってたことをまた始めるのもアリですね

SPONSORED LINK



子供のころにハマっていたことってみなさん色々あったと思いますが、そのハマっていたことを大人になった今でもまたやってみたいなって思ったことってありませんか?

何にハマってたか

ぼくは、子供のころっていうか高校生の時にハマっていたものが世界史です。小学生のころから歴史が好きで、学研の歴史マンガや山岡荘八先生の小説を読みあさっていました。

そんな経緯があって、勉強嫌いなぼくが唯一楽しめた勉強が史学でした。特に世界史は、人類の歩みをしっかりと眺めることができたことがとても面白かったのを今でも覚えてます。

なんでこんなことを書いたかっていうと、先週からホリエモン新著「多動力」を読んだ影響で、骨太の教養を身に付けようとしているところです。それで選んだ教養書が、「サピエンス全史(上・下)」です。今は上巻を読んでいる最中です。

さっそくはじめました

上を読み進めていくうちに、世界史を楽しんでいたことをふと思い出し、せっかく教養を身につけるならもう一回史学にハマってみようって思い、即教科書引っ張り出してきました。

いやー、やっぱり何歳になっても好きなことっていうのは変わらずにハマることができますね。速攻で読破しちゃいました。

新たな教養を身に付けたくなる

でも、教科書の再読っていうのはやっぱり知ってる知識の反芻でしかないんで、物足りない! 違い角度から世界史を見てみたくなり、色々本を探していたら、こんな本を見つけました。

この「都市」の世界史ですが、世界史に置いて有名な都市にスポットを当てて、その都市が紀元前から現在に到るまでにどのようにして都市が成り立ち、繁栄していったのかが詳細に書かれています。

ぼくはまだ、現イスタンブール(旧コンスタンティノープル)について読んでいる最中です。かなりわかりやすく書かれているんで、歴史が苦手な方でも読みやすく工夫されています。みなさんも世界史に興味があればぜひ読んでみてください。

自分のやりたいことを発見できる

昔ハマってたことを大人になってもう一回ハマってみると、ワクワクが止まらないですし、新しい発見ができるんで間違いなくオススメです。今ハマるものが見つからないのなら、みなさんが子供のころにハマっていたことをもう一回初めてみるのもいいと思いますよ。そこからやりたいことを見つけれるかもしれないですよ。

sekaishi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です