積ん読になってる本を公開し、読書モードになります。

SPONSORED LINK



寝室の本棚をうちの2歳寸前の坊ちゃんが散らかしていたのを片付けていたときに、読みかけで置いてあった本を見つけました。その本を見て、久しぶりに読書モードに入ろうと思ってます。

ちょっと前の3連休に読むためのオススメ本を紹介しましたが、

【目標】3連休に読んでおきたい本を3冊紹介します

ここで紹介した本は全部読み終えました。ところが、今日の本棚の片付けでまだ読んでない本があったことに気づきました。せっかく買った本なのに加えて、何か得るものがあるだろうと思って買っているはずなんで、しっかりと読まないと。

積ん読してしまうタイプは

積ん読してしまうタイプの人っていうのはどんな人がいるんでしょう。少なくともぼくはけっこう積ん読にしてしまうタイプの人なんだって思ってます。

ちょっと自己分析してみると、

  • 読んでいる途中で、他の本に興味が移ってしまう
  • 読書以外の楽しんでいることをしてしまう
  • 持続力がない
  • 本の内容が思っていたものと違う
  • 読む時間がなく、途中だということを忘れていく

まとめると、飽き性だからかなって思います。だいたい積ん読にしてしまう人はこんな感じなんじゃないかな。

全部読むことだけが読了?

本を最後まで読み終えることだけが読了なんでしょうか? ぼくはそうではないと思ってます。だって、思っていた内容と違っていたことがわかったら、モチベーションが下がっちゃいますよね。

そうなったら、もう最後まで読むのは苦行でしかなくなります。それじゃあ、時間がもったいないです。そういった場合は、そこまでで本を閉じて、ぼくにはまだ必要がない本だって思うことも必要だと思います。

ぼくもこれからちょっと違うかなって思った本は、そう思って本を閉じるようにします。

もちろん、面白いって思えた本は最後までぶっちぎります。

SPONSORED LINK



積ん読している本を公開する

積ん読している本を公開する理由として、ブログを見てもらっている方にいまこれだけ読んでない本が残ってるってことを公開してぼくが読まないっていう行動にでないことを防ぐためです。

公開しておけば備忘録にもなりますし、効果的なんじゃないかって考えたからです。

積ん読になっている本一覧

いま、見つけただけの積ん読になっている本がこれです。

  • サピエンス全史 下巻
  • 私立時計ケ丘高校タイムトラベル部
  • こころ動かす経済学
  • 買いたがる脳

合計4冊です。この冊数が多いかどうかはわかりませんが、ぼくはいまこれだけ残っています。しかも、今日また気になっている本をAmazonでポチッとしてしまいました。

この本もあわせて5冊、読書モードに頭を切り替えてしっかりと読んでいきます。

SPONSORED LINK
reading

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です