【大事】ダメなことに気づいたときは、反省して実行しよう

SPONSORED LINK



自分ではこれでいいだろうと思い込んでやっていたことが、実はあまり効果のあることじゃなかったっていうことはありませんか。そうやって思い込んでやっていることって、自分ではなかなか気づかないものです。

良くないと気づいた後のこと

どうやって今やってることがあまりよくないことに気づくかは、他の人の意見を聞いたりSNSなどで投稿してあった内容を見たりして気づいたりするものです。そりゃあ自分では良いと思ってやっているんだから気づかないです。

でも、ここで気づいてすぐに「あぁ、これは良くないな」って反省して、その内容を修正して実行するか、「いや、俺は正しいんだ!」って改めない人とでは、どちらが成長するかって考えなくてもわかりますね。

いま、こうやってブログを書いていますが、このブログはTwitterやフェイスブックページなどSNSに自動投稿しています。この投稿の内容について今回気づいて反省しています。

SPONSORED LINK



SNS本来の役割をはたしていない

Twitterを使った情報発信

Twitterは本来、自分の意見や知ったことを情報発信する場であるはずなのに、自分の言葉をツイートせずにブログの自動投稿ばかりをしていたことに、「うわ、やらかしてる。」ってマジで反省しました。

SNS本来の使い方を忘れて、宣伝ばかりしていたらそりゃあ使っている意味ないですよね。

ぼくが改めて思うSNSの使い方っていうのは、

  • 自分の言葉で自分の意見をはっきり言う
  • 自分が知った知識をアウトプットする場所
  • 良い情報を仕入れる場所

と、いうことかなって思います。だから、まずは自分の意見をはっきりと言い、アウトプットをしっかりとしていこうと決めました。

さっそく実践

今日、隙間時間を利用する練習をしながら始めてみました。


こうやって、自分の意見をしっかりと表現していくことと、情報発信をしっかりとしていきたい。

このことを忘れないように、ブログに書いておきます。

notice

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です