【大事】飲み会に参加するなら価値のあるものに「変えよう」

SPONSORED LINK



先日、夜からある団体での飲み会があり、参加してきました。どうしても行かなければだめだってことはなかったんですが、それなりに深く関わっているんで、行くことにしたんです。

ただ、今回の飲み会はぼくにとってとても「有意義」なものになりました。せっかく飲み会に行くなら、価値あるものにしないといけないっていうのを実感しました。

飲み会する理由って

飲み会をする理由って言えば真っ先に思いつくのは、「親睦を深める」っていうのが一番多いんじゃないかな。

他にもいくつか挙げてみると

  • 愚痴を言い合う
  • 歓送迎会
  • 新しい人脈を作る

などいくつもありますが、何にしても目的があって行くわけですよね。参加する人それぞれがめっちゃ乗り気で行く場合もあれば、おつきあいで行く人、興味があるから行く人、上司や先輩に誘われて仕方なく行く人など理由はいろいろ。

飲み会を企画した人は、やりたいから企画するんで行くことに抵抗はないでしょう。また、飲み会が好きな人も大丈夫でしょう。でも、それ以外の理由で飲み会に参加する人は時間の搾取です。まして、お酒に弱い方は悲惨ですよね。

そういう場合って、大抵はその飲み会の中での会話なんてほとんど覚えてないんですよ。新しい人脈探しであっても、その飲み会がつまらないなって思った瞬間に参加者のことすらしばらくしたら忘れてしまいます。

ぼくも、最近飲み会に参加することも企画することもほとんどなくなってきました。ホント年に10回行くかどうかってところです。それだけ、飲み会に対する「意義」を見出せなくなってきています。

最近読んだ本「嫌われ者たちのリレー式コンテンツ会議」の中で、「飲み会の意義」について書かれていました。その中で、はあちゅうさんが言っていた

「出会いを広げる飲み会は行かないけど、出会いを深める飲み会には行く」

引用:「嫌われ者たちのリレー式コンテンツ会議」 第3章「みなさん飲み会って意味ありますか?」

この言葉、とてもしっくりきました。新しい出会いはあってもいいと思うし、必要だと思いますが必要以上に出会いを広げる必要もないなって思います。疲れますし。

あと、同じくイケダハヤトさんの意見として、居酒屋より自分の家でもてなすっていうのは大賛成です。

そこらの居酒屋で飲み会をするくらいなら、高知の我が家でじっくりおもてなしします。

引用:「嫌われ者たちのリレー式コンテンツ会議」 第3章「みなさん飲み会って意味ありますか?」

ぼくの住んでいる岐阜県もたいがい田舎で、家の庭も広いんですよ。さらにぼくの家の周りには我が家の他に家がもう1件しか立っておらず、BBQなどがし放題です。ぼくも楽しく飲みたいときは、家に呼んでBBQします。

この本についてもブログ書いてます。 【最高】嫌われ者たちのリレー式コンテンツ会議

SPONSORED LINK



意味のある飲み会に「変えよう」

せっかく貴重な時間を使って参加するんだから、意味のあるものに自分で「変える」ことが大事じゃあないですか。例えばつまらなければ参加者ウォッチングでもして楽しみ、次からの付き合い方を探るとか、

それすらつまらなかったらスマホで普段しっかりとチェックできないキュレーションメディアなどを徹底的にチェックしてみたり、会場が初めて訪れた店なら、店の雰囲気やメニューをチェックして次に使えるかどうか判断するなど、

次の自分のやりたいことにつなげたり、新たに何かを得るような行動をとることが大事です。そうすることで、その飲み会に行ったこと自体に価値が生まれます。

そうやって、意味のあることに「変える」ことが大事です。

ちなみに、ぼくは今回自分のやりたいなあって思ってたことを実践する場を得ることができました。これも初めから「狙って」いた訳じゃあないです。たまたま、そういったぼくのやっていることに興味を持ってくれた人と話すことができ、話しているうちにこれは「いける」と思ったから交渉したところ、うまくいきました。

飲み会に限らず、とにかく行動することです。そうすれば次にすべきことが見つかります。

 

nomikai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です