【重要】熱中症について知っておきたいこと

SPONSORED LINK



先日は水分補給について書いたんで、今回は水分補給が必要になってくる理由になる熱中症について書いていきます。みなさん、熱中症についてどれぐらいご存知でしょうか?

熱中症ぐらい知ってるよ!っていう声も聞こえてきそうですが、症状によって病名が変わるっていうことは知っていますか?

熱中症とは

概要

熱中症は、暑い環境で起きる障害の総称で、暑い中スポーツをすると、体温調整のため汗をかきますよね。その状態で水分・塩分の補給が行われていないと代謝に失調がおきてしまって、頭痛・吐き気・脱力などが起きることを言います。

危険な症状もある

熱中症には危険な症状もあり、重症になると発汗が止まってしまい、体温が上昇してしまうと死に至ることもあります。熱中症はかなり危険な症状だっていうことはわかってください。

熱中症の種類

熱中症には4種類の症状があります。それぞれ原因と症状が違います。

熱失神

  • 原因 皮膚血管の拡張による循環不全
  • 症状 血圧低下、発汗、失神

暑さによる循環失調による症状で、長時間立った状態や急激な運動が原因になります。

熱けいれん

  • 原因 水分のとりすぎによる塩分不足
  • 症状 痛みを伴う筋肉の痛み

大量に汗をかいた後に、水分だけ補給して塩分が補給されないと、体内の塩分濃度が下がってしまい、筋肉が痛みと一緒にけいれんします。

熱疲労

  • 原因 脱水による疲労
  • 症状 脱力やめまい、頭痛、吐き気

大量に汗をかいた後に、水分・塩分を十分に補給しないと起こります。脱力・めまい、頭痛などが症状になります。

熱射病

  • 原因 体温調節機能の不全、異常な体温上昇
  • 症状 意識障害、ショック症状

これがいちばんひどい状態です。最初に書いた死につながる状態がこの熱射病です。

脱水症

熱中症と大いに関係してくるのがこの脱水症です。脱水症は、水分の調節が体でできなくなった時に起きる症状で、2つの症状があるんです。

  • 高張性脱水(水分不足) 水分の摂取不足が原因で、体温の上昇・粘膜の乾燥が症状として出ます。
  • 低張性脱水(塩分不足) 塩分の摂取不足が原因で、だるさや立ちくらみが症状になります。

どんな気候が危ない?

暑い日が危ないっていうのはみなさん知ってるんでしょうが、実際どんな気候が危ないかって言いますと、

  • 気温が高く、直射日光が強い日
  • 湿度が高い日
  • 風が弱い日

これだけの条件がそろっちゃうと、かなり危険な状態になっています。

対処法

水分をしっかりとる

まず大事なことは、水分をしっかりととることです。【解説】水分補給のときに選ぶ飲み物のポイントでも紹介しましたが、アクエリアスなどを運動中約20分おきにとることや、運動前にもしっかりと取っておくことが大事になります。

脱水症の症状で、口が乾いているときは水分が不足しているんで、経口補水液をとりましょう。また、口が乾いてなくて症状が出たときは、生理食塩水をとるといいです。

とにかく、水分補給は必ずしてくださいね。

体を冷やす

気温が高いだけじゃなく、湿度が高いときは、水分補給プラス体を冷やすことを心がけましょう。湿度が高い日は体温が下がりにくくなっていますんで、首すじや太ももの付け根などをアイシングして体温を下げることもしましょう。体温が下がらないと重症化しちゃう恐れがあるんで。


みなさん、少しくらい水分をとらなくても大丈夫なんて思わずに、しっかりと熱中症対策をしてくださいね。体が資本なんで。

nechusho

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です