音楽のストリーミングサービスを比較してみました

SPONSORED LINK



みなさん、音楽のストリーミングサービスって知ってますか? 知ってますよね。ぼくもサービスの存在は知っているんですが、よくあるモヤっとした知識しかなかったんで、ちょっと調べてみました。

ストリーミングってなに?

そもそも、ストリーミングって何? 今まで深く考えたことはなかったんで、
調べてみたところ、このようなことでした。

ストリーミング (streaming) とは、主に音声動画などのマルチメディアファイルを転送・再生するダウンロード方式の一種である。

通常、ファイルはダウンロード完了後に開く動作が行われるが、動画のようなサイズの大きいファイルを再生する際にはダウンロードに非常に時間がかかってしまい、特にライブ配信では大きな支障が出る。そこで、ファイルをダウンロードしながら、同時に再生をすることにより、ユーザーの待ち時間が大幅に短縮される。この方式を大まかに「ストリーミング」と称することが多い。
引用:wikipedia

要するに、音楽をスマホやPCにダウンロードして聴くっていうことですよね。
でもそれって今までiTuneなどで曲を買ってダウンロードするのと同じやん。

ちょっと前から話題になっているストリーミングサービスは定額制がほとんどです。
毎月定額を支払うことによってダウンロードし放題っていうことですね。

じゃあどんなサービスがあるのっていう話になるんですが、現時点(2016年3月)で
7つほどあるみたいです。そのうち有名な2つを調べてみました。

1.AppleMusic

有名な米Apple社が行っているストリーミングサービスです。iphoneを利用しているユーザーは、
ほとんどこのサービスを使ってるんじゃないかな?

金額は 個人で   980円/月
家族で 1,480円/月

になっています。ちなみに曲数は 数百万曲  っていうアバウトさ!
いったい何曲配信してるんだ?

Appleのサービスだけあって、iphoneやipadとの相性は抜群でしょう。

2.LINE MUSIC

これまた日本で有名なLINEのコンテンツの1つで、AppleMusicと同じく定額制で
聞き放題になっています。まだサービスはありますが、とりあえず有名な2つを紹介してみました。

最近、スウエーデン発のストリーミングサービス「Spotify」
アジア市場で再び動きを見せはじめたので、今後の動向に注目です。

最近ぼくはめっきり音楽を聴かなくなりました。聴くと時といえば
車の中で運転しているときだけぐらいです。本当に自分でもびっくりするくらい
聴かなくなりました。

やばい、老けこみ始めてる・・・
このままじゃやばい。

ぼくも本格的に検討にはいります。

追記(2017.7.17)

2016年9月にSpotifyは日本でサービスを開始しました。

配信サービスを開始するには日本でのサービス開始のころは、メールアドレスを登録し、受け取った招待コードを入力して初めてSpotifyのサービスを受けることができたんですが、今では招待コードなしでもサービスを受けることができます。

Spotify(日本語版)

どんなサービスにもある無料版と有料版(premium版)があり、premium版は月額980円で

  • 広告が非表示になる
  • オリジナルプレイリストの作成
  • オフライン再生
  • 自由に楽曲を選択し、再生できる
  • 高音質で楽曲が聴ける

などの特典があります。

Spotifyに登録されている楽曲数は4000万曲以上あり、日本の楽曲も充実しはじめています。十分サービスの選択肢に入ってきます。

music

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です