【対策】気分が乗らないときにどうやってやる気を出すか

SPONSORED LINK



今日は朝から気分が全く乗らないまま夜を迎えました。何かしようにもやる気が上がってきません。

一回も気分が上向いてこなかったです。なかなかこんなことはないんですが、今日はまったくダメでした。そんなときにどうやってやる気を引き出していくのかを考えてみました。

気分が乗らない理由はほとんどが

気分が乗らない理由ですが、いくつか思い当たるふしはあります。それが何かっていうと、

  • 地元の夏祭りへの参加で若干二日酔い
  • 仕事が始まる月曜日
  • 精神的なもの 等々

数え出すとキリがないですが、二日酔いは自己責任なんで何も言えないですが、気分が乗らないときの理由のほとんどが自分じゃない他の要因がほとんどです。

それは「ストレス」です。ストレスは外的要因、ほとんどが人間関係から発生するもの。他には仕事が合わないなど自分の現状にストレスを感じる場合、ほとんどがこの2つです。

ストレスは1日では回復しない

ストレスを1回感じちゃうと、そのストレスはなかなか自分から離れてくれません。離れない日が長く続くけば続くほどボディブローのように効いてきます。

そうやって溜まったダメージは人のやる気をどんどんと削いでいきます。そうなると

やる気が出ない → 仕事が楽しくなくなる → さらにやる気が下がる 以下同じ

っていう負のスパイラルにはまっちゃいます。これじゃあまともな生活を送れないです。

SPONSORED LINK



どうやってやる気を出すか

そんな状態になっちゃあいけないです。じゃあ、どうやって気分が乗らない状態でやる気を引っ張ってくるかっていうと、

成功したときのことを考える

自分が何かに打ち込んでいるものがあるなら、そのことで成功したことを考えます。現実逃避、妄想なんてことはわかってます。でもプラスのイメージを持って妄想すると、とてもスッキリします。

みなさんも1度試してください。ぼくもこのブログが多くの人に読まれることを想像して書いています。すると、自然と書く手が進みます。これはオススメです。

言いたいことを言う、やりたいことをやる

言いたいことを言わないと、ストレスはたまります。逆に言いたいことを言うことができればストレスはたまりません。ブログはとてもオススメです。ブログでしっかりと自分の言いたいことを言うとスッキリしますよ。

あと、やりたいことをやる。変に我慢せずにやりたいことをやろう。それだけでストレスは吹っ飛びます。現に今ブログを書いていると気分が乗らなかったことなんてもう忘れて書いてます。

ちなみにこの後もドラクエ11やる予定です。ちゃんと子どもたちとも遊びますよ。こっちの記事にもう少し詳しく書いてあります。

【多動力より】多くの睡眠時間とストレスのない生活を送ろう

読書する

読書することもとても有効ですよ。活字本でもマンガでもいいです。妄想もできますし、何より集中することで嫌なことを頭から弾き出せます。ぼくもよく読書して頭から余計なものを弾き飛ばしてスッキリしてます。


気分が乗らないときにやる気を出す方法をいくつか紹介しました。どんなに気分が乗らないときでもモチベーションを上げる方法を自分でいくつか持っているだけで、毎日がすごく楽になりますよ。

SPONSORED LINK
motivation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です