【実行】何でもおもしろそうと思ったら、とりあえずやろう

SPONSORED LINK



やることがないとか、打ち込めるものがないっていう人をよく見かけますが、どんなことでもいいんで、おもしろそうと思ったらとりあえずやってみることがとても大事です。

本当にやることがないとか、打ち込めるものがないっていう人はまずいないと思います。見ようとしていないだけです。

やりたいことは絶対ある

どんな人でも、興味を持っていることはあるはずです。本を読むこと、体を動かすこと、ぼーっと考え事をすること、ゲームをすること、何かはあるはずです。何も興味が持てないって思い込むのは疲れませんか?

やっぱり少しでも 「おっ、これおもしろいんじゃない?」 「これってどういうことなんだろう?」って思ったら、とりあえずやってみることが大事です。

とりあえずやってみる効果

とりあえずやってみることと、ただおもしろそうだって思うだけではホントにすごい差があります。だって思うだけなら誰にでもできるじゃないですか。

おもしろそうと思って、どのことをやってみる行動力と思い切りのよさがとても重要です。

そのおもしろいことが1人でも、友人たちと話していてやってみようって話になったからやってみるでもいいんです。ノリの良さと、大げさですが1歩を踏み出せる勇気を持つことができます。

SPONSORED LINK



やりたいことを見つける

何でこのようなことを書いているかっていうと、ぼくもやりたいことがないって思ってる時期がありました。でも、堀江さんの著書「ゼロ」の中で言っていたことがきっかけで変わりました。

やってもいないうちから「できっこない」と決めつける。自分の可能性にフタをして、物事を悲観的に考える。自分の周りに「できこっこない」の壁を築き、周囲の景色を見えなくさせる。

引用: 「ゼロ」 堀江貴文著  「やりたいことがない」は真っ赤な嘘だ

これを読んだとき、書いてある通りに考えているぼくがいて、ハッと気づきました。これじゃあダメだと・・・

そのあとに書いてある内容が理にかなっていて、ホントにやりたいことがどんどん浮かんできます。

「できっこない」っていう心のフタさえ外してしまえば、「やりたいこと」なんて湯水のようにあふれ出てくるのだ。

何事も「できる!」という前提に立って、そこから「できる理由」を考えていくのだ。

引用: 「ゼロ」 堀江貴文著  「やりたいことがない」は真っ赤な嘘だ

そうやって逆転の発想でいろんなことを見たり調べたりしていくと、本当にこれやってみたい、これ調べてみようって思えるようになりました。実体験だから間違いないですよ。

そうやって思ってやっていることの1つがこの「ブログ」です。小さい頃から読書感想文とかが苦手で文章書くのも面倒だって思ってたぼくが、こうやってブログを書き続けています。

ブログ上でぼくが考えていることや興味を持っていることを自分の言葉で表現して発信することが楽しいって思うようになったのは、やってみて気づいたことです。

だから、やりたいことがないなんて言うのはただの言い訳です。しっかりと探してみてください。絶対ありますから、やりたいこと。

やりたいことをとりあえずやってみると言うだけで、違う世界が見えてきます。

 

SPONSORED LINK
letstry

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です