「自分の言葉」づくりをして「自分の意見」を発信していこう

SPONSORED LINK



自分の意見を言うことは誰にでもあることですが、その意見を自分の言葉で言えるかっていうとそうでもなく、「○○さんが言っていたから」、「前からやっていたから」とかいう意見が多いです。

じゃあ、あなたの意見はどうなの? 肝心な部分が言えていないことってけっこうありませんか?

自分の言葉(文章)の作り方

自分の言葉を言うときに気をつけたいことが、最初にも書いたように誰かが言っていたことをそのまま自分のものとしてしまうことです。いかにも自分の言葉っぽいですが、他の人の受け売りです。自分の考えがその言葉には入っていない。

自分の言葉っていうのは、本で得た知識や他の人が言っていた良いと思える意見を自分で解釈して実践し、そうやって得られた経験が無いと自分の言葉にならないんじゃないかな。

読んだり聞いただけで満足してしまって、そのあとに行動を起こしていない場合は絶対に自分の言葉にはならないです。

経験を積もう

経験値っていう言葉がありますが、自分の言葉を作るには経験をしてレベルを上げていかないといけないです。なんかロールプレイングゲームのキャラみいたになってるけど、ホントそのまんまだと思います。

こんなを書いているぼくもまだまだ経験値が全然足らなくて、自分の言葉を作り出すのに苦労しています。それでもブログを書いているうちに、自分の言葉っていうのはそうやって作られていくものだと気づきました。

こうやって言葉(文章)を書けるようになったのもブログをコツコツ書いてきて経験値が溜まったから書けるようになったんかなって思ってます。

  • 仕入れた知識をそのままにせず、実践する
  • 経験を積むことで自分の言葉は生まれてくる
SPONSORED LINK



自分の意見 = 自分の言葉

経験値を増やして作れるようになった自分の言葉っていうのは、つまり「自分の意見」です。自分の意見をしっかり言えるようになるには、経験値を集めて自分のレベルを上げた言葉を使えば良いってことです。

(知識 + 実践) × 実践 = 自分の言葉 = 自分の意見

経験値をあげる方法

とにかく、情報・知識をインプットして、その得たものをアウトプットすることによって自分のものにすることです。

アウトプットするにもいろんな方法がありますが、ぼくは今こんな方法で経験を積んでいます。

  • Twitterに得た知識をアウトプット
  • ブログをSNSに投稿するときに、要約する
  • 得た知識で実践できそうなものは実践する

特に、ブログをSNSに投稿するときの要約を大事にしています。これがなかなか難しくて、けっこう時間を取られています。それでもちょっとは成長しているはず。

あとは、ニュース記事への意見も隙間時間を利用してTwitterに投稿してます。これはオススメです。インプット、アウトプット両方の練習になります。


自分の「信用」を増やそう

自分の意見をしっかり言うには、とにかく経験を積むしかないです。自分のレベルが上がればそれだけしっかりとした意見になっていくし、自分に自信がつきます。

自分の言葉で自分の意見を発信していこう。それが自分の信用の会得につながっていくはずです。

language

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です