【Mac可】elgato game capture HD60SはMacでも使えます

SPONSORED LINK



Nintendo switchやプレイステーション4などのゲームの映像を録画するためには、キャプチャーボードが必要になります。プレイステーション4には、録画機能やシェア機能が一応付いていますが、実況動画をYouTubeなどにアップするためにはキャプチャーボードが必要になってきます。

今回は、そんなキャプチャーボードの中でも人気の高いelgato社の「game capture HD60 S」についての情報です。


Elgato Game Capture HD60 S

ほぼ全てのゲーム機に対応

この「game capture HD60 S」はほぼ全てのゲーム機(playstation vitaは不可)に対応しています。接続する端子の仕様は

  • USB3.0対応
  • HDMI入出力

になっています。PS3でも分配器を使えば対応可能担っています。Nintendo switchがHDMI対応になっているのがぼくは嬉しかったです。また、公式ホームページから専用キャプチャーソフトをダウンロードして

同梱品

同梱品(HDMI端子 USB3.0端子)

同梱品も対応している端子が1本づつ入っています。わざわざ買う必要もないですね。

対応OSは?

パッケージに載っている対応するOSは「Windows10」になっています。ってちょっと待て・・・

パッケージ裏面

ぼくはMacユーザーですよ。Macには対応していないってこと? それは困る、だって購入してから気づいたし、この製品海外製なんです・・・

慌てて公式ホームページを調べました。そこには、天の助けともいえることが・・・

elgato公式HP

ホッとしました。間違いなくMacに対応しています。あ〜よかった。

ただし、対応OSのバージョンは、MacOS 10.11以降です。あと、USB3.0に対応しているMacじゃないと使えないです。購入の前に自分のMacの状態をしっかりと確認しておいてくださいね。

使用までの流れ

elgato公式ホームページから専用ソフトウェアを自分のMacにダウンロード(公式HP画像のDownroad version2.5をクリック)し、インストールします。

インストール後にソフトを立ち上げ、game capture HD60 Sに録画したいゲーム機・Macを接続すればOKです。

ハードの接続の様子

ハードの接続後の様子

 

接続後の様子

接続後の様子

間違いなく、Macでも「game capture HD60S」は使用できます。あとは使い倒すだけです。YouTubeへ実況動画を投稿するのも間近かもしれないです。


Elgato Game Capture HD60 S

SPONSORED LINK



2017.7.27 追記

先日、ようやく「game capture HD60S」を使ってゲームのプレイ動画をとることができました。プレイ動画の撮影からYouTubeへのアップまでを一通りやりました。

動画の遅延も見られず、とても快適にプレイ動画を録画することができました。

そちらの内容がこちら

スプラトゥーン2のプレイ動画をGame CaptureHD 60sで投稿

こちらのブログでも実際にYouTubeにアップした動画を掲載していますが、こちらのブログにも載せておきます。あくまでテスト動画なんで、実況ははいいてないですが・・・


SPONSORED LINK
gamecapture HD60S

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です