【納得】お金の正体と人間関係の整理 バカは最強の法則

SPONSORED LINK



堀江貴文さんの新刊「バカは最強の法則」をさっそく読みました。今回はマンガで堀江さんの思考を表現しています。本書の中で、とても納得したものが2つあります。「お金の正体」と「人間関係の整理」についてです。

comic

堀江さんの思考をマンガでわかりやすく

「バカは最強の法則」は、堀江さんの著書「多動力」や「好きなことだけで生きていく」などで書かれていたことをマンガにして、わかりやすく解説しています。ビジネスをするにあたって必要な考えやその実践方法などがしっかりとレクチャーされています。

その中でも、お金の正体と人間関係の整理については、とてもわかりやすく納得しました。

お金の正体について

今までお金の正体については、堀江さんの著書で何度も書かれていたことですが、なかなかピンと来なかったことでした。

「カネとは、信用を数値化したものにすぎない」

「モノを手に入れる、人に貸す、ビジネスを進めるなど、互いの必要に応じて国家が数値で信用を保証してくれている。モノとしての実体なんて別になくても構わない。信用それ自体が本質なのだ。」

バカは最強の法則 堀江貴文 「カネの本質を知らないヤツは失敗する」

1万円札は1万円分の消費活動をすることができる「信用」を与えられたものであって、1万円札そのものに価値があるわけじゃない。お金そのものに価値はないっていうことが、ようやく納得できました。

だから、お金がないっていうのは「信用がない」っていうことなんですね。

キングコング西野亮廣さんの著書「魔法のコンパス」の中でも、ホームレス小谷さんのクラウドファウンディングの話がありましたが、いかに信用を集めるために行動をするっていうことがとても大事ということに気づきました。

人間関係の整理について

人間関係の整理もとても納得がいきました。「多くの睡眠時間とストレスのない生活を送ろう」でも書きましたが、

【多動力より】多くの睡眠時間とストレスのない生活を送ろう

人が抱えるストレスの原因は、人間関係で抱えるものがほとんどです。じゃあ、その人間関係の整理いわゆる「断捨離」をすることもとても大事です。ストレスを抱えてまで今の人間関係を維持する必要はないですね。

人間関係の断捨離で、新たな人間関係も築けます。当然新たな人間関係は、自分のやりたいことに関係する人との繋がりになります。自分が新たに一歩前進するためにも必要なことですね。

「ムダに思った人間関係を大胆に断ち切れる人は信用を作りやすい。次にいく姿勢も評価されるからだ。」

バカは最強の法則 堀江貴文 「ビジネスはギブ&ギブ、おまけにギブ!」


この2つのこと、「お金の正体」と「人間関係の整理」については、本当に勉強になりました。

「信用を積み重ねる」ことと、前に進むための「人間関係の整理」、この2つはさっそく実践していきます。この2つ以外にも本当に参考になることが多く書かれています。また別のブログで書いていきます。

 

SPONSORED LINK
comic

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です