本を買うようになったぼくが勧める書店とAmazonの使い分け方

SPONSORED LINK



最近、ぼくはまた本を買うようになってきました。今は書店とAmazonの両方を使って好きな本を買っています。

もともと本を読むことが好きなんですが、本を読むことより面白いことがあって、そっちに興味が移っていたのもあります。

多動に生きよう

そう決めてから、もともと本を読むことが好きなんだから、本も目一杯読もうと決めました。

今ではかなりの頻度で本を買うようになりました。積ん読になりつつありますが、時間を作って毎日読んでいます。プログラミングの勉強・毎日ブログの執筆・読書とハマっていることが順調に増えています。

ホリエモン著書「多動力」読了後に実践していること

本の手に入れ方を楽しむ

本を読むことはもちろん楽しいですが、本を手に入れる方法も楽しんでいます。ぼくはもともと書店が好き派です。

書店に行く意味について

だから、まずは書店に足を運びます。欲しい本の発売日に書店へ行って、目当ての本があるかどうかワクワクしながら新刊コーナーへ向かうのがとても楽しいです。

書店で買うことができた運もありますが、書店に行って見つけることにちょっとした運試し感覚で足を運んでます。

目当ての本があった時の嬉しさといったら・・・ 最高です。だから、最初に目当ての本を探すのは書店が良いですよ。

書店に本がなかったらAmazon

でも、どうしても書店に目当ての本がない時ってありますよね。そのようなときにこそAmazonの出番です。プライム会員になっておけば、書店になかったときにその場でポチッとすれば、即日配送できれば次の日には手に入ります。

買う場所に書店を選んだ結果手に入らなかったんで、それほど残念には思わないです。

最近、Amazonでポチった本はこんな感じです。

books

いま、「無敵の思考」を読んでいる最中です。次は「魔法のコンパス」です。若干積ん読になってる感がありますが、気にせずどんどん読んでいきます。

ちなみに、「魔法のコンパス」は芸人のキングコング 西野亮廣さんの著書で、評判がとてもいい本です。まだ読めていませんが、よかったらどうぞ。

 


今回紹介した楽しみ方は、本を買うことに対して当たり前の行動なんですが、ちょっとした発想の転換で楽しむことができるってことです。

せっかく探しに出かけるなら、探すことを楽しみに替えてみましょう。それだけで楽しくなりますよ。

bookstore

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です