【便利】音楽のテンポを変えていろんなことをやろう(Audacity)

SPONSORED LINK



好きな音楽を聞くのは楽しいですよね。音楽は聞いて楽しむという方が圧倒的に多いと思います。が、音楽のテンポを変えて利用したい人もかなりいるんじゃないかと思います。

例えばダンスをするため、ギターやベースの耳コピをしたいっていう人は、音楽のテンポを変えて聞きたいんじゃないでしょうか。そういったときに必要になってくるのがサウンド編集ソフトです。

今回はサウンド編集ソフトの中で有名な「Audacity」のダウンロード方法とテンポの変え方について紹介します。

Audacityのダウンロード

Audacityは無料のサウンド編集ソフトです。ダウンロードするには、Audacity公式サイトか「窓の杜」などのオンラインソフトダウンロードサイトから入手できます。

今回は、公式ホームページからのダウンロードの方法を紹介します。

Audacity公式ホームページ

audacity公式ホームページ

audacity公式ホームページ

トップページに移動したら、「DOWNLOAD」にカーソルを合わせます。すると、下の写真のようにメニューが表示されるので、使っているOSに対応した文字をクリックしてください。(WIndows,Mac共に対応しています)

audacity公式ホームページ

audacity公式ホームページ2

下の画像は、「DOWNLOAD」を直接クリックしたときに移動するページなので、Windows,Mac両方表示されていますが、それぞれのOSのボタンを押せばどちらかしか出てこないので大丈夫です。

下の赤枠の中のリンクをクリックすれば、ダウンロードが始まります。

ダウンロードページ

ダウンロードページ

すみません、ここからはぼくがMacOSなのでMac版のダウンロードの紹介になります。

無事にダウンロードできたら、圧縮ファイルを解凍してMacのハードディスクにインストールします。みなさん知っているとは思いますが、一応画像も貼っておきます。

Mac版インストール画面

Mac版インストール画面

あとは、Launchpadから起動するだけです。

Launchpad内のaudacity

Launchpad内のAudacity

これで、無事にAudacityが起動します。

SPONSORED LINK



Audacity で音楽のテンポ変更

ここからは、Audacityでの音楽の取り込み方法と、テンポの変更、書き出しの方法について紹介します。

起動画面

起動画面

音楽の取り込み

まずはAudacityに音楽を取り込みます。方法はいたって簡単。ファイルメニューから「開く」を選択して取り込みたいオーディオファイルを選ぶだけです。(1つでも複数でもできます)

音楽の取り込み

音楽の取り込み

「エフェクト」内の「テンポの変更」でテンポを調整する

オーディオファイルを取り込んだあと、メニューバーの「エフェクト」を選ぶと、ツリー下に「テンポの変更」が表示されるんで、クリックします。

テンポの変更

テンポの変更

すると操作画面が出てくるんで、BPMがわからない場合は、操作画面上部の「ピッチを変えずにテンポの変更」のスライダーをドラッグするか、直接入力するかで変更ができます。

テンポを遅くする場合は「マイナス」にします。もし曲のBPMがわかるのなら、中段にある「1分あたりの拍数(BPM)」に直接入力してください。

入力後に「OK」ボタンをクリックすれば、テンポの変更は終了します。

「テンポの変更」操作画面

「テンポの変更」操作画面

音楽の書き出し

テンポの変更が終わったら、その音楽の書き出しをします。メニューバー内「ファイル」の「オーディオの書き出し」をクリックして、書き出したいファイルの種類を決めて無事終了となります。

ファイルの書き出し

ファイルの書き出し

書き出せるファイルの種類

書き出せるファイルの種類

あとは、iTunesに戻すなりして実際にテンポが変わった音楽を聞くことができます。


このAudacityですが、テンポの変更だけじゃなく切り出しなど色々な種類のエフェクトが使えます。とても無料とは思えない出来です。これは使いこなすといろいろなことができますよ。

みなさんもいろいろと楽しんでみてください。何か新しいことが閃くかもしれませんよ。

他にもデジタルガジェットについて紹介してますんで、よかったらどうぞ。

【Mac可】elgato game capture HD60SはMacでも使えます

ソニー発の動くおもちゃ「toio(トイオ)」を予約しました

audacity

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です