落ちたからわかるAmazonアソシエイト審査で重要なこと

SPONSORED LINK



Amazonアソシエイトを利用するために利用申請していたんですが、1回目の審査は見事に撃沈でした。ネットの情報では比較的審査は簡単だっていう情報が多かったんですけどね。それでもめげずに2度目の申請をしたところ、今度は見事通過しました。

っていうか、1回目の審査に落ちてからすぐに2回目の申請をAmazonにしてから、審査通過までにかかった時間が早すぎ!1回目の申請は12時間ほどかかっての結果だったのに、今回はそれこそ3時間ほどの時間で審査が通りました。

Amazon Associate1

審査1回目(失敗)

Amazon Associate2

審査2回目(成功)

 

1回目と2回目で何が違うんだろうって当然疑問に思うじゃないですか。だから、ちょっと考えてみました。審査を通過するためにAmazonにとって重要なことはなんなんだろうって。

ちなみにAmazonアソシエイトの審査を通るために必要であろうことは諸先輩がたのサイトに数多く載ってるんで、そちらを参考にしてくださいね。

【2017年4月】Amazonアソシエイト(アフィリエイト)審査合格。傾向と対策すべて告白します。

Amazonアソシエイトの審査に落ちた。通らない原因は?中の人に聞いてみた

新規アカウントじゃないこと

1回目の申請をアソシエイトを始めるための新規アカウントを準備して申請したんですが、見事撃沈。やっぱり新規のアドレスは審査が通らない説は本当です。

ビジネス用に新規でアカウントをとって申請しようと思っている方は、注意してくださいね。

プライバシーポリシーや連絡手段があること

ぼくは、巷でよく書かれている30記事以上は書いている状態での申請でした。SEO対策で、プライバシーポリシーやサイトマップは作ってありました。こういった対策の中でも一番重要なのが、連絡先及び連絡手段があることです。

Google Adsenseなどの審査に通過するために必要な最低限の装備はしておいたほうがいいですね。Amazonもサイトの完成度を重視してますから。

でも、何より一番大事なことがあります。どこのサイトにも書かれていますが、これです。

申請したアカウントを実際に利用している

これです。これが一番重要です。上で乗せたスクショをみてもらうとわかりますが、1枚目の12:33のアマゾンからのメールは審査に落ちた連絡です。2枚目の15:29のメールは審査に通過してます。

ここで重要なのが、アソシエイトを使おうとして申請したサイトは同じっていうことです。1回目は新規のアカウント、2回目はぼくのAmazonをひんぱんに使っているアカウントで申請しました。

つまりAmazonが何を重要視してるかっていうと、しっかりとアマゾンに貢献している人ならOKだよってことです。審査時間は、前にサイトを確認してもらっているっていう条件もあるんでしょうが、約3時間!!


あとひとつ気にしてもらいたいのが、申請者とサイト運営者が同一人物っていうのがわかるようにしておくとなお良いです。なぜかっていうと、1回目の申請は嫁さん名義で申請して却下、2回目の申請はぼくの名義で申請したからです。

審査に落ちてみて、なにが必要かっていうのが見えてきました。これからAmazonアソシエイトを使おうと考えているみなさんの参考になれば幸いです。

公式HP → Amazonアソシエイト

Amazon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です