モレスキンの手帳を買ってみたけど、使い途を決めてない

SPONSORED LINK



みなさん、手帳やカレンダーって使っていますか? 紙ベースで使う方もいれば、ネット上のカレンダーやスマホのアプリを使っている方もいるでしょう。ぼくの周りの人は使ってない人が見たところ多いです。

たとえば、紙の手帳やWeb上のカレンダーって何があるかっていうと、

紙の手帳で真っ先に思い浮かぶのが「ほぼ日手帳」です。 発行人が糸井重里さんの「ほぼ日刊トイ新聞」のオリジナル商品で、とても有名な手帳。

手帳でありながら使い方は自由で、日記や雑記帳、他には写真帳などにも使える汎用性の高い構成になってます。ぼくも使ったことがあるんですが、自由すぎて使い方に悩んじゃいました。

結末としてはただの予定表として使ってしまいました。(もったいない・・・)

手書きでは続かないってことと、予定しか書き込まないってことがわかったんで、それならわざわざ手帳を持つ必要がないじゃんっていうことで、Webで利用できるカレンダーを使うことに決めました。

「Googleカレンダー」を試しに使ってみたんですが、ぼくの中ではこれがとても使いやすい。Googleカレンダーをベースに動くアプリの「Sunrise calender」を利用してPC・スマホとも連携が楽にでき、重宝しています。

「別に手帳必要ないじゃん」って思っちゃうんですが、手帳を使いこなせないのがなんか悔しくて、ついつい衝動買いしちゃったんです。

モレスキン社の「ルールド・ノートブック(横罫)」です。

買っておいて言うのもなんですが、使い途が決まってません。
紙のさわり心地は固すぎず柔らかすぎずというか手によく馴染みます。

このままだと使わずにお蔵入りしそうな予感が満載なんで、ブログを始めたばかりなので、ブログのネタをまとめるために使ってみようかなって考えてます。

(今、このブログを書いている途中に思いつきました・・・)

使っているうちに何かいい使い方が浮かぶかもしれないんで、とにかく飽きずに使ってみます。
何事もチャレンジですね。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です