書店に行く意味について

SPONSORED LINK



突然ですが、書店についてみなさんどう思いますか?
amazon・電子書籍などの普及で、書店に行かなくても本が簡単に手に入るようになり、

書店の存在意義が薄れていっています。

今更何言ってんだよって思うでしょうが、こんな記事を見つけて改めて考えてしまいました。

都市部の書店は今どういった状況なのかよくわかりませんが、地方では書店は閉店するケースが増えてきています。実際ぼくの近所の本屋も最近閉店してしまいました。

ぼくが子供のころは当然ですがネット環境などなく、本を手に入れるには本屋に行ってなけなしの小遣いはたいて手に入れてました。人気のあった本などは売り切れていたら予約して一週間待つとかざらでした。

書店に行っても本があるかどうかわからない、ある場所もよく分からないっていう経験はみなさんもあるでしょう。ぼくはそれが宝探しみたいで店内をうろちょろしてるのが好きでした。

今でも時間があれば書店に足を運んで、店内をふらふらしています。時間がもったいないって思うでしょうが、ぼくは書店が持っている落ち着いた空間にいることが好きです。
それだけでも書店に行く意味はあります。

実際に本を手にとって見ることができるのも、書店でしかできないことです。

だからといってamazonやkindleを否定しているわけではないです。ぼくはamazonのprime会員ですし、kindleも持っていてしっかりと利用しています。

書店は書店の良さがあるってことを伝えたかったんです。

これからどんどん書店はなくなっていくのかなって思うと寂しく思いますが、上の記事のような取り組みがあることが嬉しかったです。

地方にこそ書店を!

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です