Amazonアソシエイトの審査を確実に通過するためにした2つのこと|かずログ
ブログ運営

Amazonアソシエイトの審査を確実に通過するためにした2つのこと

Amazonアソシエイト審査通過

かずっちゃ(@kazutcha01)です。公務員辞めてフリーランス兼複業家として、毎日がんばっています。

この記事でわかること
  • Amazonアソシエイトの審査を通過する2つの条件
  • Amazonを利用したアカウントを使って申請しよう

ブログの収益をあげる大きな手段、Amazonアソシエイトの審査を通過するにはどうしたらいいんだろう。

収益化するためには必要だけど、なんか審査は厳しいってウワサに聞こえる・・・ (ぼくもそのウワサに結構ビビってた1人です。)

なんて、悩んでいるあなた。Amazonアソシエイトの審査を通過するには2つの条件を満たせば、通過できます。

審査にビビって今でも申請していないなら、さっそく申請しちゃいましょう。

まずは行動です。この記事を読んで、対策を掴んで申請してみよう。

また、どうしても審査が・・・ と思っているあなたにも別の方法を紹介します。

Amazonアソシエイト審査を通過するには

Amazonアソシエイト審査に通過する

Amazonアソシエイトを通過するには、大きく分けて2つの条件を満たさないといけません。

  • 健全なサイトを作る
  • アクティブなAmazonのアカウントで申請する

アマゾンが販売している商品を紹介するわけですから、紹介する側のあなたのサイトはしっかりとした信用できるサイトじゃないとダメです。

また、あなたが実際にアマゾンを利用していて、ただアソシエイトのために登録したユーザーじゃないことをはっきりと示さないといけません。

この2つの条件を満たして、はじめてAmazonアソシエイトの審査が通ることを知っておきましょう。

健全なサイトを作る

健全なサイトを作る

健全なサイトとは、アマゾンが不適切と考えているサイトじゃないということです。

サイトの規模も、作ったばかりで記事がほとんどないような状態だといけません。

サイトを運営しているあなたへの連絡先や、プライバシーポリシーもしっかり載せて置くことも必要。

これらが満たされていて、はじめてアマゾンが認める『健全なサイト』になります。

健全なサイトとは?

アダルト、暴力、ギャンブルといった、公共性の低いジャンルを扱うサイトは、Amazonアソシエイトは使わせないよと、公式に発表しています。

(a) 性的に露骨な内容を奨励または含むサイト。

(b) 暴力を奨励するまたは暴力的内容を含むサイト。

(c) 誹謗中傷を奨励するまたは誹謗中傷的な内容を含むサイト。

(d) 人種、性別、宗教、国籍、身体障害、性的指向もしくは年齢による差別を奨励する または差別的慣行を用いているサイト。

(e) 違法行為を奨励または実行するサイト。

(f) 甲またはその関連会社の商標や、甲またはその関連会社の商標の変形またはスペル違いをドメイン名、サブドメイン名またはソーシャルネットワークサイトのユーザー名、グループ名その他のアカウント名に含むサイト(例については、商標ガイドラインをご確認ください。)。

(g) その他知的財産権を侵害するサイト。

(h) 上記のほか、甲が本プログラムに適切でないと判断するサイト。

引用:Amazonアソシエイト運営規約

あなたが商品を紹介してもらいたい相手のサイトが『これは??』っていうような内容だと、嫌ですよね。それといっしょです。

紹介する相手の立場になって考えるとわかりますね。

サイトの規模は?

サイトの記事数は最低10記事〜20記事は欲しいところです。

ブログの記事数などの規模の大きさはどのくらいがいいんだろう? はやる気持ちはわかりますが、ちょっと落ち着きましょう。

ブログを始めたばかりだと、すぐ収益をだす手段としてAmazonアソシエイトの審査を通したい、という気持ちはよくわかります。

でも、アマゾンもブログの記事数が少ないと、ブログでどんなことを発信していくのかが判断できません。

当たり前ですね。『記事数1』で、どうやって判断するんでしょう??

そんな状態でうかうかと審査を通すわけにもいかないはずです。

プライバシーポリシーや連絡先を載せる

Amazonアソシエイトの審査基準で必要だと思われるのが、サイトの完成度。

どうやったら完成度の高いサイトとしてアマゾンから認められるのか?

それは、プライバシーポリシーやブログ運営者でもあるあなたの連絡先を、ブログにも載せておきましょう。

サイトマップを作るのも効果的です。

アクティブなアカウントを使う

アクティブなアカウントを使う

もう1つの大きな条件として、Amazonアソシエイト審査を通過するために必要なことが、実際にアマゾンを利用しているアカウントで申請することです。

使用した形跡のないアカウントは全く信用されません。

やっぱり、実際に使って使い勝手や良さがわかっているユーザーに商品を勧めてもらいたいんですね。

これは、アマゾンを全然使っていないアカウントは信用できないっていう明確な意思表示だと思ってます。

ぼくが経験したAmazonアソシエイト審査のすべて

freedom

ここからは、ぼくが実際にAmazonアソシエイトに申請して通過した経緯を紹介します。

Amazonアソシエイトを利用するために利用申請しましたが、新規で登録したアカウントでの1回目の審査は見事に撃沈。

それでもめげずに、いつも使っているプライム会員のアカウントで2度目の申請をしたところ、今度は見事通過しました。

1回目の審査に落ちてからすぐに2回目の申請を Amazon にしてから、審査通過までにかかった時間は、とても早かった!

1回目の申請は12時間ほどかかっての結果だったのに、今回はそれこそ3時間ほどの時間で審査が通りました。

Amazon Associate1審査1回目(失敗)
Amazonアソシエイト通過審査2回目(成功)

1回目と2回目の申請で明らかに違うことは、

  • アカウントが新規とプライム会員のアカウント

ということだけです。

ブログは30記事前後、プライバシーポリシーやサイトマップ、連絡先もフッターに設置してありました。

別の方法、ASP『もしもアフィリエイト』を使おう

もしもアフィリエイト

もしもアフィリエイト』というASPは、Amazonアソシエイトというか、アマゾンの商品を取り扱っています。

なので、『もしもアフィリエイト』を利用してAmazonの商品を紹介することができるんですよ。

どうしても審査が通ることがちょっと心配だなって思うあなたは、『もしもアフィリエイト』を利用してAmazonの商品を紹介しよう。

もしもアフィリエイトに無料登録しよう

まとめ

Amazonアソシエイトの審査に合格するためにすべきことは、『健全なサイトを作る』こと、『Amazonを利用しているアカウントを使う』ことです。

まずは、ブログをしっかりと育てること、そしてAmazonのアカウントをしっかりと利用することです。

【急がば回れ】です。しばらくはしっかりとブログを育てましょう。

または、『もしもアフィリエイト』を利用しよう。

Amazonアソシエイトの申請はこちら

もしもアフィリエイトに無料登録しよう
この記事でわかったこと
  • Amazonアソシエイトの審査を通過する2つの条件
  • Amazonを利用したアカウントを使って申請しよう
  • もしもアフィリエイトでもAmazonの商品紹介ができる